ムコスタ錠の胃痛や吐き気等への効果と副作用!食前や授乳中は?

ムコスタは1990年から発売されている胃薬で、胃を守る物質を増やしてくれる作用があります。

なので、ムコスタの胃痛や吐き気、胸焼け、口内炎や二日酔いに対する効果や下痢などの副作用、食前に飲むのかといったタイミングや、授乳中の使用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ムコスタ錠の市販やジェネリック、薬価についても気になりますよね。

そこで今回は、ムコスタ錠の胃痛や吐き気等への効果と副作用、また、食前や授乳中など飲み方の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ムコスタ錠の効果と副作用は?

ムコスタの主成分はレバミピドといって、劇的に胃腸症状(胃痛や嘔吐、吐き気など)を治してくれるというわけではないため、作用は穏やかで、副作用も非常に少なく、安全性に優れた胃薬です。

しかし、胃の防御因子を増やしたり、胃を攻撃する悪い因子を減らしたりする作用があるので、穏やかに胃炎や胃潰瘍を改善することができることで知られています。

そのため、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)と併用することで、NSAIDs特有の胃への悪い影響から守り、副作用を予防する目的で使用されることが多いようです。

そのほかにも、その安全性の高さから、併用を薦められることが多く、ロキソ二ンやビオフェルミンとの併用も問題ないですし、生理調整薬のプラノバールによる胃炎予防にもムコスタは有効とされています。

単体では、胃潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎の急性憎悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善目的で処方されるので、胃痛や二日酔いによる胸焼け、胃炎、吐き気などを改善する効能があるとされています。

また、適応外になりますが、ムコスタには炎症性サイトカインの産生を抑制する効果があることから、それが原因で生じる口内炎の改善にも有効で、その際はムコスタ錠を粉砕して服用しますが、非常に苦みが強いため医師の指示があった時にだけ行うようにしましょう。

(出典:https://www.plaza.rakuten.jp/)

ちなみに、ムコスタには胃薬としての作用のある錠剤のほかに、ドライアイに効能がある点眼薬もあり、似たような作用を持つ点眼薬にはジクアスがありますよね。

そして、ムコスタはムチンという物質を出す細胞を増やすことでドライアイを改善し、ジクアスはムチンそのものを増やすことで改善するため、ムコスタよりもジクアスの方が効果が強いのですが、その分副作用も多いとされています。

ただ、症状によってどちらが処方されるかが決まり、ジクアスは涙の分泌量が少なく水分量が少ない方、ムコスタは炎症や痛みがある方に処方されることが多いようなので、どちらが有効的とは一概には言いにくいようです。

副作用は?

ムコスタは非常に副作用が少なく、1%以下という発生率のためほとんど起こらないといっても過言ではないのですが、生じうる副作用としては、便秘や肝酵素上昇があるとされています。

そして、他の胃薬のように下痢などが起こることはあまりありません。

ガスターやセルベックスとの違いは?

ムコスタと同じく胃薬として良く使用されている薬にガスターがありますが、ガスターは胃酸の分泌を抑制する効果があるのに対し、ムコスタは胃の粘膜を守る作用があります。

なので、それぞれが別の役割を持っているということになり、拮抗することはないことから、併用をすることでより高い効果を期待することもできます。

一方、ムコスタと同じく胃粘膜を守る薬にセルベックスという医薬品がありますが、この二つには目立った優劣もないため、使い分けが必要なほどの大きな違いはないとされています。

ただし、ムコスタは食事の影響を受けにくいのに対して、セルベックスは空腹時に服用すると吸収が悪くなるため、AUC(血中濃度曲線下面積)が低下するので、ムコスタの方が使いやすい医薬品ということになります。

スポンサーリンク

ムコスタ錠の使用方法は?食前や授乳中など飲み方の注意点も

ムコスタは1回100mgを1日3回、朝、夕及び就寝前に経口で服用するのが通常で、食事の影響を受けにくいので、食前でも食後でも問題はありません。

また、妊娠中には胃痛を起こしやすくなりますが、ムコスタは妊娠中の服用でも有益だと医師が判断した場合にのみ処方することがあります。

なので、自己判断での使用は控えた方が良いですが、医師から処方された場合は流産や妊娠に有害なことがあるなどの心配はなく、安心して服用して良いでしょう。

それから、授乳中に関しては、ムコスタ服用中は授乳を避けることとされていますので、注意してくださいね。

ムコスタ錠を買うなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ムコスタと同じ成分や作用のある市販薬は残念ながら販売されておらず、医師の処方が必要な薬のため、必要なときは病院を受診しなければなりません。

そして、その薬価は100mgが1錠あたり14.6円で、ジェネリックは100mgが1錠あたり9.9円なので、少しでも安く購入したいという方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でのムコスタ錠のジェネリックの購入です。

そしてこちらなら、ムコスタ錠のジェネリック100mgが100錠入って1箱あたり4,115円で販売されているので、買いやすいお値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ムコスタ錠のジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ムコスタ錠のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ