パンクレアチン消化酵素とは?効果と副作用やサプリ!膵炎には?

パンクレアチンとは、豚などの膵臓から作った消化酵素剤で、炭水化物などの消化を促進する効果があります。

なので、パンクレアチンのデンプンなどへの効果や働き、トリプシンや牛乳に含まれる酵素との関係、膵炎にはどうか、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、パンクレアチンのサプリや市販薬も気になりますよね。

そこで今回は、パンクレアチン消化酵素とは何か、また、効果と副作用やサプリ、さらに膵炎には効くのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

パンクレアチン消化酵素の効果!膵炎には?

パンクレアチンは豚などの膵臓から作った消化酵素剤で、水溶性でトリプシン、キモトリプシン、カルボキシペプチターゼ、液化型アミラーゼ、リボヌクレアーゼ、リパーゼや、牛乳などに多く含まれるラクターゼなど、数多くの酵素を含んでいます。

そして、炭水化物、タンパク質、脂肪の消化を助ける作用のある医薬品で、通常は消化異常症状の改善に用いられています。

通常、食事をすると、胃は食べ物を消化するために働きますが、慢性胃炎などによって胃に炎症が起きていると、消化不良を起こしますし、消化酵素を多く持っている臓器として膵臓がありますが、慢性膵炎などで膵臓の機能が悪化しても、消化不良が起こるので、こうしたときにパンクレアチンは外から消化酵素を補う目的で用いられるのです。

スポンサーリンク

副作用は?

パンクレアチンは単なる消化剤のため、副作用はほとんどなく、薬自体に強力な作用があるわけではないので、脂っこい食事を避けるなど、食生活そのものを改善するのが先決となります。

ただし、豚や牛の膵臓が原料であるため、豚や牛にアレルギーを持っている方は服用を避けなければなりません。

また、消化を助ける薬なので、食後の服用が望ましく、食事から何時間も経過したときに服用してもお腹は既にからになっているので意味はありません。

パンクレアチンを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

パンクレアチン自体は病院で消化異常症状や膵炎の方に医師が処方する医薬品ですが、単純に消化をサポートする目的で似たような働きを持つものを市販で購入したい場合、全く同じではないですが次のような市販薬があります。

・ 市販薬…ワクナガ胃腸薬G300錠入り1箱1,500円

【Amazon.co.jp アソシエイト】

一方で、サプリとなると国産メーカーではまだ開発されていないので、海外産のものがオススメですが、サプリの購入ならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメです。

そしてこちらなら、パンクレアチン150mgが100カプセル入って1箱あたり4,991円なので、買いやすい値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、パンクレアチンのサプリならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

パンクレアチンのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ