アシドフィルス菌サプリの効果と副作用!産み分けやアトピーには?

アシドフィルス菌とは、乳酸菌の一種で、人体にもともと存在する常在菌です。

なので、アシドフィルス菌が含まれる食べ物や食品、アシドフィルス菌サプリのカンジダなどへの効果と下痢、便秘などの副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、アシドフィルス菌サプリは産み分けやアトピーにも効果があるのか気になりますよね。

そこで今回は、アシドフィルス菌サプリの効果と副作用、また、産み分けやアトピーに効くのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アシドフィルス菌の効果!どんな食品に含まれているの?

アシドフィルス菌は乳酸菌の一種で人体にもともと存在し、ビフィズス菌に次いで昔からあり、乳酸菌といえばアシドフィルス菌と考えられていた時代もあったくらい、人体にとって多くの健康効果を期待することができます。

そして、アシドフィルス菌とは正式には「ラクトバチルスアシドフィルス」と呼ばれており、乳酸菌の中では珍しく、酸素がある環境下でも、酸素がない環境下でも生きていくことができます。

それから、酸だけでなく熱にも強く、外部から摂取しても、約70%の生存率で生きたまま腸まで届くと言われており、加えてもともと人体に住む常在菌なので、体内に入れば住みつくという特性もあります。

このように、生きて腸まで届き、腸内でしっかりと定着することからプロバイオティックス(体に良い影響をもたらす微生物)効果が高いアシドフィルス菌ですが、具体的には腸内で乳酸を生み出し、善玉菌が働きやすい酸性の環境をつくることで腸内環境を整える効果があります。

ほかにも、水溶性ビタミンである「ビオチン」を産生することも分かっており、次のような様々な効果が期待できます。

・ 整腸作用

アシドフィルス菌の最も基本的な効果は整腸作用で、悪玉菌が増えた腸内環境はアルカリ性が優位な状態になっているのですが、ここを酸性に保ち、善玉菌が繁殖しやすい環境を作り、腸の働きを整えてくれます。

また、冷たい牛乳などを飲むとおなかがゴロゴロしてゆるくなる人がいるのですが、これは乳糖不耐症といって牛乳に含まれる乳糖と呼ばれる成分を分解する「ラクターゼ」が少ないのが原因で起こります。

そんな中、アシドフィルス菌はラクターゼを作り出す働きがあり、乳糖未消化による不調を防ぐ作用もあります。

・ 口臭の予防

自分ではなかなか気づきにくい口臭ですが、これは口そのものに由来するものと、腸が発生原因になっているものがあり、アシドフィルス菌はこの二つに作用するダブルの効果を持っています。

そして、アシドフィルス菌は口臭の原因の第一に挙げられる歯周病の原因菌であるミュータンス菌などを死滅させる効果を持っています。

最近では、アシドフィルス菌が配合された歯磨き粉なども登場し、それらで磨くと歯周病や虫歯菌が通常よりも10倍以上少なくなるという結果も出ています。

・ ピロリ菌の抑制

胃炎や十二指腸、胃潰瘍、さらに胃癌などの原因になるピロリ菌ですが、アシドフィルス菌はそのピロリ菌に対して強い殺菌効果を持っているので、繁殖を抑制する効果が期待できますね。

・ アレルギーの軽減

アレルギー症状は免疫細胞のうち、アレルゲンの排除に関係するTh2細胞の過剰反応によって引きおこされると考えられており、アシドフィルス菌はその暴走するTh2細胞を自然死させる物質を生成する働きがあります。

また、腸内環境を善玉菌優位の状態に保つことで、アレルギー反応を起こす悪玉菌を軽減する働きもあります。

さらに、アシドフィルス菌が産生する水溶性ビタミン「ビオチン」が皮膚のかゆみや炎症の原因物質となるヒスタミンの産生を抑える働きを持っているので、アレルギー症状の緩和にも効果的で、これはこのままアトピーに対しても同じことがいえますね。

・ カンジダ症の緩和

カンジダ症はカンジダ菌と呼ばれる、腸、膣、肺、指、口腔、爪などで増殖する真菌の一種で、特に女性にとってはデリケートゾーンのかゆみとなって現れる膣カンジダは深刻な悩みをもたらします。

その数は、10代から50代で発症経験のある女性は5人に1人といわれており、一生涯で75%の人が経験している病気です。

そんな中、アシドフィルス菌は自然の抗生物質を産生する力を持っており、口腔内や腸内、生殖器など、カンジダを発症しやすい場所に多く常駐している菌なので、アシドフィルス菌の働きでしっかりと細菌のバランスがとれていると、カンジダ症の緩和にも効果が期待できます。

産み分けにも効果がある?

アシドフィルス菌がいると腸内と膣内のpHが弱酸性に保たれるので、女の子の産み分け向きの体になれるという考え方があるようです。

これは、女の子と男の子を産むにあたって必要になるXまたはY染色体を持つ精子の特徴が次のように異なるからです。

・ 男の子となるY染色体を持つ精子の特徴:アルカリ性に強く酸性には弱い

・ 女の子となるX染色体を持つ精子の特徴:酸性に強くアルカリ性には弱い

これは、産み分けの相談をしてくれる産婦人科などで使用される産み分けゼリーと同じ考え方ですね。

とはいえ、即効性があるものではないので、試してみたい方は妊娠を希望する時期の数ヶ月前から継続的にアシドフィルス菌を摂るようにして、試してみてくださいね。

アシドフィルス菌を含む食品は?

アシドフィルス菌は乳酸菌の一種なので、ヨーグルトにたくさん入って売られているのでは?と思う方が多そうですが、実はアシドフィルス菌を含むヨーグルトというのはあまり市販されていません。

そして、オハヨー乳業から出ている「L-55ヨーグルト」にはアシドフィルス菌が含まれているのですが、アシドフィルス菌にもいろいろな種類があって、L-55株、L-92株、CK92株とある中で、こちらの製品にはL-55のみ含まれているようですね。

ただし、スーパーでは手に入りにくい製品なので、アシドフィルス菌を摂るならなかなか買えないヨーグルトよりも、サプリの方が効果的でオススメです。

スポンサーリンク

アシドフィルス菌のサプリの副作用は?

アシドフィルス菌はもともと人間の腸内にいる善玉菌なので、サプリとして摂っても特に副作用のようなものは起きないようです。

ただ、はじめのうちは今まで摂っていなかった成分を多く摂り始めることになるので、腸内環境が変化してバランスが変わることによる何らかの作用は起こる可能性があります。

例えば、腸が急に動き出して痛みを伴うとか、便意が起きやすくなるとか、ゆるんで下痢になる、逆に便秘になる、ガスが発生しやすくなるといったことが考えられます。

これらは今まで正常に働いていなかった腸が動き出した最初の反応かもしれないので、リズムが整えばうまく動き出して落ち着く可能性も高いです。

なので、急にたくさん摂取したり、サプリばかりに頼ったりせずに、普段通りの食生活に気をつけ、適度な運動や水分補給、質の高い睡眠などもとるようにしましょう。

アシドフィルス菌のサプリを買うなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

アシドフィルス菌は非常に効果が高く、様々な目的のために使用できそうでしたが、食品よりもサプリで摂る方が効率的のようでしたね。

そんな中、オススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でSwanson社の「アシドフィルス」を購入する方法です。

そしてこちらなら、アシドフィルス菌が入った250カプセルが1本あたり1,850円で、2本だと3,435円になるので、まとめ買いをするとお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、アシドフィルス菌のサプリならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

アシドフィルス菌のサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ