リピディルは痩せる?ダイエットや尿酸などへの効果と副作用!

リピディルは2005年から発売されている医薬品で、脂質異常症の治療薬になります。

なので、リピディルの効果で痩せるのか、といったことや尿酸などへの効果、副作用で脱毛や飲み合わせについて知りたいのではないでしょうか。

それから、リピディル錠の薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、リピディルは痩せるのか、また、ダイエットや尿酸などへの効果と副作用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リピディルの効果は?ダイエットできる?

リピディルは脂質異常症(高脂血症)の治療薬で、フィブラート系という種類に属し、主に中性脂肪を下げ、善玉コレステロール値を上げる作用に優れています。

そして、脂質異常症の治療薬にはリピディルのようなフィブラート系よりもスタチン系の方が有名ですが、リピディルは全く違う作用機序で働き、中性脂肪が多すぎて、悪玉コレステロールが多すぎる、そして善玉コレステロールは少なすぎるといった状態の患者に向いています。

それから、リピディルには悪玉コレステロール値を下げる作用もありますが弱いため、悪玉コレステロール値だけを下げたいのであれば、スタチン系の方が向いているということになります。

また、リピディルの意外な作用として、尿酸値を下げてくれる働きもあり、そのため中性脂肪が高くて、かつ尿酸値もやや高いという方にとって、リピディルは一石二鳥の効果が期待できます。

ダイエット効果は?

リピディルを飲んで中性脂肪を減らすと痩せる、ダイエットできると思う方が多いようですが、実際には脂肪と体重は直結して考えることはできず、リピディルに本質的なダイエット効果があるわけではありません。

ただ、結果として体重がやや減少するだけですので、ダイエット目的でリピディルを使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

リピディルの副作用は?

リピディルの副作用は13.29%程度の発生率で起こるとされており、特に肝臓で代謝されるため、肝機能の悪化が最も心配されます。

そのほかにも、胃腸系の副作用、皮膚症状としてかゆみ、重篤な副作用として膵炎などもあるようなので、注意しましょう。

また、コレステロール値を下げると脱毛するといった副作用が起こる治療薬もありますが、これは髪の毛の生成に必要なコレステロール値まで下げるからであって、リピディルのような中性脂肪と悪玉コレステロール両方に働きかける治療薬については、それほど心配される副作用ではないようです。

リピディルを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

リピディル錠は53.3mgが1錠あたり28.4円で販売されていますが、国内では医師の処方が必要な医薬品なので、毎回購入のために病院を受診する必要があります。

でも、それは面倒だし、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でリピディルのジェネリックを購入する方法です。

そしてこちらなら、リピディルのジェネリック200mgが30錠入って1箱あたり2,446円で販売されており、2箱で3,934円、3箱で5,423円とのことなので、まとめ買いをした方がお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、リピディルのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

リピディルのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ