メトグルコの効果と副作用や禁忌と造影剤への影響!痩せるの?

メトグルコ錠は1961年から発売されている長い歴史をもつ糖尿病の治療薬です。

なので、メトグルコの糖尿病や痩せるといった効果と作用機序、下痢、吐き気、頭痛などの副作用、乳酸アシドーシスや腎機能と造影剤への影響について知りたいのではないでしょうか。

それから、メトグルコ錠の薬価やジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、メトグルコの効果と副作用や禁忌と造影剤への影響、また、痩せるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メトグルコの効果や副作用!痩せるの?

メトグルコ錠はインスリンに頼ることなく、様々な機序によって血糖値を下げてくれる薬になり、ビグアナイド剤と呼ばれる種類に属し、これはマメ科の植物であるフレンチライラックのグアニジンという成分を抽出して作っています。

そして、インスリンに依存せずに血糖値を下げることができるため、インスリンが欠乏してしまうような病態であっても効果を得ることができ、主に2型糖尿病の治療薬として用いられています。

それから、メトグルコは血糖を末梢の筋肉や脂肪組織に取り込まれやすくしたり、肝臓に貯蔵されている糖が放出されるのを抑制したり、腸管からの糖の吸収を抑えたりすることで血糖値を下げるなど、複数の血糖値を下げる作用を持ちます。

それ以外にも意外な作用として、抗がん作用やアンチエイジング作用も報告されており、食欲を抑制することによって体重が減少し、痩せるといったダイエット効果もあるようです。

メトホルミンとの違いは?

メトグルコ(一般名:メトホルミン)とグリコラン(一般名:メトホルミン)」はどちらもメトホルミンを有効成分とする糖尿病治療薬で、有効成分が同じなので効果や副作用に違いはないとされています。

しかし、メトグルコは1日2,250mgまで使えるのに対し、グリコランは750mgまでしか使えないといったように用法や用量は異なるので、医師の処方に従って区別して使うようにしましょう。

スポンサーリンク

メトグルコの副作用は?禁忌も

メトグルコは副作用に注意が必要な薬で、発生頻度自体も10~60%と多いのですが、ちゃんと使い方を守らないと重篤な副作用が現れることもあります。

そして、生じうる副作用としては、

・ 下痢

・ 腹痛

・ 食欲不振

・ 悪心(吐き気)、嘔吐

・ 頭痛

・ 発熱

なので、ほとんどが消化管系の副作用ということになり、あまりに症状がひどい場合は薬の用量を減量または中止となることもあります。

また、メトグルコで特に注意するべきなのは乳酸アシドーシスと言われており、特に肝機能・腎機能の悪い方、心臓や肺が悪い方、高齢者、脱水作用が悪い方がメトグルコを服用すると乳酸アシドーシスを起こしやすいため、基本的に禁忌となり、服用しても大丈夫か医師が慎重に判断する必要があります。

そして、造影剤を服用する方や、CT検査の必要がある場合、メトグルコを服用すると乳酸アシドーシスを起こしやすくなるため、メトグルコを造影剤の服用やCT検査を実施する前後2日間休薬する必要があります。

また、それ以外にも、

・ 低血糖

・ 肝機能障害

などが生じる可能性が稀ながらあります。

メトグルコを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

メトグルコ錠はメトホルミン塩酸塩500mgが1錠あたり16.7円で、ジェネリックはメトホルミン塩酸塩500mgが1錠あたり9.9円とそれほど高い薬ではないのですが、国内では医師の処方が必要な薬なので、毎回病院を受診して購入するのが面倒という方が多いですよね。

そんな方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でメトホルミンを500mg含むジェネリックの「ゾメット」を購入する方法です。

そしてこちらなら、メトホルミン塩酸塩 500mgが100錠入って1箱あたり2,365円なので、買いやすいお値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、メトグルコのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

メトグルコのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ