ホモシステインの検査や基準値と骨粗鬆症や脳梗塞との関係!保険適応についても

ホモシステインとは、アミノ酸の一種で、動脈硬化症などの生活習慣病の原因とされている成分です。

なので、ホモシステインの検査で血液検査と基準値や高値、骨粗鬆症や脳梗塞、認知症、血栓などとの関係性、代謝とメチオニンや、システインとの違い、葉酸や食品との関係について知りたいのではないでしょうか。

それから、ホモシステインの検査は保険適応になるのかといったことも気になりますよね。

そこで今回は、ホモシステインの検査や基準値と骨粗鬆症や脳梗塞との関係、また、保険適応などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ホモシステインとは?検査方法や保険適応などについても

心筋梗塞や心不全、脳梗塞を引きおこす恐れのある動脈硬化症とは、文字通り動脈が硬くなることで血液をうまく送り出せず、心臓に負担をかけてしまう症状のことで、その原因として指摘されているのがホモシステインというアミノ酸の一種です。

そして、ホモシステインは必須アミノ酸ですが、血中濃度が高くなることで酸化ストレスを生じさせ、これによって血管内皮細胞に障害を引きおこし、血栓などが形成されてしまうのです。

それから、通常アミノ酸というとタンパク質の構成物で、体を作るのに欠かせないものなので体に良いという認識がありますが、ホモシステインは必須アミノ酸のひとつであるメチオニンが体内で代謝される過程で、不完全な代謝や平衡代謝の乱れから作られています。

こうしたホモシステインは年齢を重ねるにつれて濃度が上がっていくことが知られており、血中濃度が高いほどそのリスクが増すと考えられているため、検査では血液検査が行われ、基準値は6.3umol/L以下で、それ以上になると高値とされています。

そして、基本的にはホモシステインの血液検査については保険適応となっています。

システインとの違いは?

ホモシステインとよく似た名前でシステインという成分がありますが、システインとは肌や爪、髪などに含まれるアミノ酸で、準必須アミノ酸と呼ばれています。

そして、人体内では肝臓で作られ、食事でしか補充できない必須アミノ酸ではないのですが、体内で作る分だけでは不足しやすく、外から補充した方が良い成分です。

それから、システインはエネルギー不足による疲れやだるさを改善し、メラニンの生成を抑制し、過剰なメラニンを排出する効果があるため、ホモシステインとは真逆の効果があり、ホモシステインが過剰な状態を正常に戻す効果もあるとされています。

スポンサーリンク

ホモシステインと生活習慣病の関係性!

ホモシステインの血中濃度の上昇は動脈硬化の原因となるということから、それによって心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性も指摘されています。

そのほかにも、ホモシステインは認知症を引きおこす原因であることも判明した上に、最近では血液中にホモシステインが増えると骨量が多くても骨折しやすいということが指摘されており、これはホモシステインが骨コラーゲンの劣化や悪玉架橋(コラーゲン同士をつなぎ止める架橋に異常が生じる状態)を促進させる要因でもあるからのようです。

実際に、大腿部骨折のような重大な骨折を起こした骨粗鬆症の患者には血液中にホモシステインが多く見られており、これによってホモシステインは骨(骨粗鬆症)と血管(動脈硬化)の両方のリスクを高める物質ということが分かったのです。

このことから、骨粗鬆症の方は動脈硬化に、動脈硬化の人は骨粗鬆症にも注意が必要だということが言えます。

スポンサーリンク

ホモシステインには葉酸が良い?

様々な生活習慣病の原因となるホモシステインは、年齢を重ねるにつれて増加してしまうということがありましたが、実はビタミンB6やビタミンB12、葉酸などの栄養素を摂取しているとホモシステインという物質が体内で増えるのを防ぐ作用があることが指摘されています。

そして、葉酸はアスパラガスや枝豆、オクラ、ブロッコリー、モロヘイヤなどの緑黄色野菜といった食品に多く含まれ、ビタミンB6やB12は魚介類や肉類に多く含まれるとされています。

そのため、果物や野菜、低脂肪の乳製品、全粒穀物などをバランス良く食べることで食事のクオリティが高まり、食事だけで推奨される栄養量を摂れるようになるのですが、そうはいっても推奨量をなかなか摂取できないという方には葉酸やビタミンBなどのサプリの摂取がオススメです。

ちなみに、葉酸やビタミンBは水溶性ビタミンといって、調理の過程で多くの栄養分が失われてしまうため、生体利用率は50%以下と推定されているので、よりサプリがオススメなんですね。

ホモシステインを正常値に保つサプリなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

高ホモシステイン血症を防ぐビタミンBや葉酸といった栄養素は国内産のサプリでも摂取ができますが、よりオススメなのはホモシステイン値を正常に保ち、心臓や血管の健康をサポートする効果が期待できるSwanson社の「ホモシステインフォーミュラ」です。

ホモシステインフォーミュラには、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、トリメチルグリシンといった成分を配合しており、ホモシステイン値を正常に保つ目的で作られています。

そして、こちらは海外産のサプリのため、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」での購入がオススメで、オオサカ堂では120錠が1本あたり最安値で1,396円で販売されており、3本まとめ買いだと3,877円になるので、お買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ホモシステインのサプリならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ホモシステインのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ