トラゼンタの特徴や副作用と半減期!粉砕や腎機能への影響も

トラゼンタは2011年から発売されている糖尿病の治療薬になり、DPP4阻害薬という種類に属します。

なので、トラゼンタの糖尿病への効果や半減期、副作用や腎機能、透析に関する影響と、粉砕して服用して良いのかといったことが知りたいのではないでしょうか。

それから、トラゼンタ錠のジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、トラゼンタの特徴や副作用と半減期、また、粉砕や腎機能への影響などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トラゼンタの効果や半減期は?

トラゼンタはインスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げる作用のある薬で、古い糖尿病治療薬と違ってインスリンを過剰に分泌させない工夫がされているので、低血糖のリスクがほとんどない安全性に優れた薬で、主に2型糖尿病に対して用いられます。

そして、トラゼンタはインクレチンというホルモンの量を増やすことで安全に血糖値を下げることができ、血糖値が高い時にはインクレチンは多く分泌されるため血糖値を下げますが、血糖値が低い時にはインクレチンは分泌されなくなり血糖値は下がらないといったように、服用時の血糖値を感知しながら分泌量をコントロールできる便利なホルモンであるインクレチンに作用します。

それから、トラゼンタの最大の特徴として、腎臓から排泄されず便中から排泄されるということがあり、腎機能が悪い方や透析患者でも量を変えずに使用することができます。

また、膵臓のβ細胞を保護し、インスリンの効き目を良くし、食欲抑制効果や、心保護作用などといった様々な効果を期待することができます。

ちなみに、半減期はDPP4阻害薬の中でも最も長く、1日1回で24時間効果が期待できるのもメリットです。

スポンサーリンク

トラゼンタの副作用は?腎機能への影響や粉砕について

トラゼンタをはじめとしたDPP4阻害薬は安全性が高く、副作用の発生率は11.5%程度とされており、生じうる副作用としては、

・ 便秘

・ 鼓腸

・ 腹部膨満

などが報告されており、症状がひどい場合は減量あるいは中止になりますが、症状が軽度であれば様子を見て服用を続けます。

また、低血糖症や腸閉塞、肝機能障害が報告されています。

ただし、便中から排泄されることから、腎機能への影響は心配ありません。

粉砕して使用していい?

トラゼンタを粉砕して使用することについては、メーカーでは推奨していないので、医師から特別な指示がない限り行わない方が良いでしょう。

トラゼンタを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

トラゼンタ錠は5mgで1錠あたり171.9円で販売されており、比較的高い医薬品で、国内では医師の処方がないと購入することができず、ジェネリックの販売もありません。

そのため、毎回病院を受診するのは面倒、少しでも安く購入したいといった方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外版のトラゼンタを購入する方法です。

そしてこちらなら、5mgが90錠入って1箱あたり10,302円で購入できるので、国内処方薬よりは安く購入できますよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、トラゼンタならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

トラゼンタをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ