グレープシードオイルの使い方や効能と危険性!加熱してよい?

オリーブオイルやココナッツオイルなど、健康に良いとされるオイルは色々ありますが、最近ではグレープシードオイルが注目を集めています。

なので、グレープシードオイルとは何か、効能やオリーブオイルの代用、オメガ脂肪酸についてや、マッサージ、料理で揚げ物やアヒージョなどの使い方、加熱による酸化の危険性について知りたいのではないでしょうか。

それから、グレープシードオイルのサプリも気になりますよね。

そこで今回は、グレープシードオイルの使い方や効能と危険性、また、加熱してよいのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

グレープシードオイルとは?効能や危険性などについても

グレープシードオイルはその名のとおりブドウの種子を利用したオイルのことで、白ワインを製造する過程で出たブドウの種子を利用するので、イタリアやフランス、チリなどワインの産地で主に生産されているオイルです。

そして、ブドウといえば真っ先に思い浮かぶ栄養素がポリフェノールですが、グレープシードオイルはそれだけでなく、抗酸化作用の強いビタミンEやポリフェノールなどの成分が含まれているため、酸化防止剤などの添加物を加えなくても品質を保つことができるという特徴があります。

それから、成分としてはプロアントシアニジンといって、ポリフェノールの中でも抗酸化作用が特に強い成分を含んでおり、活性酸素を除去する働きがあるので、動脈硬化や糖尿病、シミやシワ、そばかすなどの肌のトラブルといった老化を防止し、アンチエイジングに貢献するとも言われているのです。

さらに、必須脂肪酸として定められている不飽和脂肪酸も含まれており、グレープシードオイルにはオレイン酸、リノール酸が含まれているので、コレステロール値を下げる効果も期待でき、ポリフェノールによって代謝をアップし、脂肪燃焼の効果が期待できるのですね。

オリーブオイルとの違いは?

体に良い油と聞いて一番に思い浮かべる方が多いであろうオリーブオイルは、グレープシードオイルと同じオメガ6系のオイルです。

そして、同様にオレイン酸とリノール酸が含まれていますが、グレープシードオイルとの違いは、オリーブオイルにはオレイン酸が7~8割、リノール酸が2~3割で、グレープシードオイルの場合はその逆です。

そして、リノール酸は体内では生成できない成分ですが、摂りすぎは良くないので、こう聞くとオリーブオイルの方が優れているように見えますよね。

でも、グレープシードオイルのビタミンEとポリフェノールはオリーブオイルの約2倍とも言われており、一長一短なんです。

そして、オリーブオイルには独特の香りがあるので苦手と感じる方がいるかもしれないですが、グレープシードオイルは無味無臭ですし、それによってどんな料理にも使いやすいという利点があります。

それから、オリーブオイルに比べてグレープシードオイルは高温に強く焦げにくいので、揚げ物の油として使ったり、スペイン料理のアヒージョにするならグレープシードオイルの方が向いています。

このように、どちらにもメリット・デメリットがあるので、シーンに応じて使い分けると良いでしょう。

スポンサーリンク

グレープシードオイルの使い方は?

グレープシードオイルは揚げ物など高温での利用のほか、ドレッシングにして和えたり、炒め物に使ったりと様々な料理に使うことができます。

一方で、刺激が少なく、さらっとして使いやすい上に保湿効果も抜群なので、マッサージなどスキンケアにも使うことができ、敏感肌、乾燥肌、脂性肌など様々な肌質の方でも利用できます。

1. クレンジング

グレープシードオイルのメリットは保湿力が高いところなので、500円玉くらいの量を手のひらにとり、マッサージするようにオイルを肌に馴染ませ、コットンで拭き取るとクレンジングとして使うことができます。

そのあと、洗顔料で洗い流してくださいね。

2. マッサージオイル

さらりとした軽い質感でのびが良いので、マッサージオイルとしても使い勝手が良く、色移りの心配が少ないという利点もあるので、お風呂上がりの足のマッサージなどに使ってみてくださいね。

3. ヘアケア

肌だけでなく、髪の毛のケアにもグレープシードオイルは効果的なので、頭皮をグレープシードオイルでマッサージしてからシャンプーをすると頭皮のかゆみやフケを防止すると言われています。

また、シャンプー前にグレープシードオイルを髪になじませ、10~15分ほどパックすると髪の毛がサラサラになるのでやってみてくださいね。

ちなみに、こうしたケアには食用のものよりも美容用に作られた精製度の高いものの方がオススメです。

スポンサーリンク

グレープシードオイルの危険性とは?

グレープシードオイルには様々なメリットがあり、使い勝手が良いことを紹介してきましたが、危険性としてはリノール酸が非常に多く含まれることがあり、摂りすぎるとかえって体に毒ということがあります。

そして、グレープシードオイルに含まれるリノール酸は酸素と結合しやすく、酸化しやすい特徴をもっているため、酸化した状態のものを取り入れることによって癌の原因物質を増やしたり、アレルギー反応を起こす物質を過剰反応させやすくしてしまいます。

そのほかにも、グレープシードオイルはブドウの種が原料のため、もともと脂を多く含んでいないことから、少しでも油を多く取り出すために化学溶剤抽出のものが多く、毒性を有しているという指摘もあります。

このように、グレープシードオイルは使用量にも気を遣わなければなりませんし、酸化しないうちに使い切る必要性もあり、また、購入する時にできるだけ良い品質のものを選ぶのも大変ですね。

グレープシードオイルのサプリのオススメ!購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」が断然お得!

グレープシードオイルにはメリットが多いものの、オイルで摂ろうとすると購入の仕方や使用方法に注意点が多かったため、もっと手軽に摂りたい!という方にはグレープシードエキスが効率良く入ったサプリでの摂取がオススメです。

ですが、グレープシードエキスのサプリというのは国内ではなかなか定着していないため、海外産のグレープシードサプリをインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で購入する方法がオススメです。

そしてこちらなら、グレープシードオイル(12000mg)が300カプセル入って1本あたり3,150円で、2本で5,250円で購入できるのでまとめ買いをするとお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、グレープシードのサプリならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

グレープシードのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ