クレストールは痩せる?特徴や効果と副作用や飲み忘れの注意点!

クレストールは2005年から発売されている医薬品で、コレステロール値を下げる作用に優れています。

なので、クレストールの中性脂肪への効果や痩せるなどの特徴、副作用で脱毛や筋肉痛、糖尿病などの危険性、飲み忘れた場合の注意点について知りたいのではないでしょうか。

それから、クレストール錠の薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、クレストールは痩せるのか、また、特徴や効果と副作用や飲み忘れの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

クレストールの特徴や効果は?

クレストールは2005年から発売されている薬で、スタチン系という種類に属し、主に悪玉コレステロール値を下げる作用に優れ、LDL値が高い高コレステロール値症の患者の治療に使用されており、善玉コレステロール値を上げたり、中性脂肪値を下げたりといった作用もあります。

そして、クレストールはスタチン系の中でも特にLDL値を下げる力が強力で、ほかのスタチン系よりもHDL(善玉コレステロール)値を上げる作用が強いという特徴を持ちます。

これによって、クレストールは脳梗塞や心筋梗塞のリスクを下げ、代謝を良くする効果があるため、結果的に痩せる効果も期待できますが、ダイエット目的での使用は推奨されていません。

スポンサーリンク

クレストールの副作用は?

クレストールは生活習慣病の予防にもなる優れた薬ですが、副作用の発生率も11.1%と高く、特に多いものとして、筋肉痛、発疹、腹痛、下痢、便秘、頭痛、めまい、無力症などが現れるそうです。

そして、肝臓に作用する薬なので肝臓に負担をかけ、肝機能が悪化してしまったり、腎臓が悪い方が使うと腎臓をさらに痛める可能性もあるようです。

それから、クレストールではコレステロール値を強力に下げるため、髪の毛の栄養となるべきコレステロールも不足し、毛質が変化し、脱毛するといったこともあるようです。

ただし、クレストールの添付文書には副作用として脱毛の記載はなく、直接的な脱毛の原因と考えられる根拠はないようです。

また、クレストールはインスリン感受性とインスリン分泌量も低下させることから、体内に取り込まれた糖をエネルギーとして使用させることができなくなり、血糖値が下がらずに上昇を続けた結果、2型糖尿病を発症しやすくなることが分かっています。

そのため、動脈硬化を防いで心筋梗塞や脳梗塞、心不全などを予防できる一方で、少なからぬ障害を引きおこし、糖尿病のリスクを高めてしまうようです。

スポンサーリンク

クレストールの飲み忘れなどの注意点

クレストールは毎日同じ用量を継続的に服用することで効果が得られる医薬品ですが、万が一飲み忘れてしまった場合は、倍の量の服用は避けて、気づいたところから通常の服用を心がけてください。

それによって、もし体調の変化を感じたら、できるだけ早く医師に相談するようにしてください。

クレストールを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

クレストール錠は5mgが1錠あたり121.3円で、ジェネリックは5mgが1錠あたり60.7円といったように、決して安い医薬品ではなく、国内では医師の処方が必要な薬です。

なので、毎回病院を受診するのは面倒、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でクレストールのジェネリックである「Rosumac」を購入する方法です。

そしてこちらなら、5mgが50錠入って1箱あたり3,023円なんですが、2箱だと4,141円になるので、まとめ買いをした方が断然お買い得ですね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、クレストールのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

クレストールのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ