メトホルミンの不妊や痩せるなどの効果と副作用!腎機能への影響も

メトホルミンは糖尿病の治療薬の一種で、メトグルコのジェネリック医薬品です。

なので、メトホルミンの作用機序や若返り、不妊、痩せるといった効果と便秘、下痢などの副作用や腎機能への影響について知りたいのではないでしょうか。

それから、メトホルミンの用量なども気になりますよね。

そこで今回は、メトホルミンの不妊や痩せるなどの効果と副作用、また、腎機能への影響などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メトホルミンの不妊や痩せるなどの効果は?

メトホルミンは1961年から発売されているメトグルコのジェネリック医薬品にあたり、ビグアナイド剤という種類に分類され、古くからある糖尿病の治療薬として現在も使用されています。

そして、メトホルミンはインスリンに頼ることなく、様々な機序によって血糖値を下げてくれる薬で、マメ科の植物のフレンチライラックから抽出された成分「グアニジン」が持つ血糖値を下げる作用を利用しています。

それから、インスリンに頼ることなく血糖値を下げることができることから、インスリンが欠乏してしまうような病態でも効果を得ることができるという特徴があります。

ただ、この作用機序が分かったのは意外にも最近のことで、メトホルミンはAMPキナーゼ(AMPK)を活性化させることが明らかにされています。

そして、AMPKは乳酸からブドウ糖を合成する糖新生、およびアセチルCoAより中性脂肪、コレステロールを合成する経路に関係して、いずれもATPを増加させる作用を持ちます。

これによって肝臓のAMPKが活性化されると細胞内の脂肪がエネルギー源として燃焼される方向に働き、さらに脂肪肝の患者ではインスリン抵抗性が改善し、血糖値も改善するので、結果的に血糖値を低下させることができるという仕組みです。

それから、メトホルミン製剤は安価で、1日あたり1,500mgまでは明らかな用量依存的な血糖値改善効果が認められているため費用対効果の高い薬なのですが、従来の日本での1日あたりの用量750mgでも一定の効果があるのにもかかわらず、用いられる機会が少なかった時期があり、これは乳酸アシドーシスが起こる可能性が危険な薬と考えられていたからだそうです。

ですが、現在ではこのメトホルミンの深刻な副作用である乳酸アシドーシスに対して、低酸素状態に対する生体応答反応を活性化する薬剤が治療薬として有効であることが分かり、安全に用いられるようになりました。

また、メトホルミンは血糖値を下げる以外にも、癌(がん)細胞の増殖抑制や発がん率の低下、寿命の延長など、様々な作用があることが報告されています。

メトホルミンはダイエット効果もある?不妊や若返り、長寿の効果などについても

メトホルミンは、肥満治療薬としての効果もあり、体中の細胞の中でブドウ糖をエネルギーとして使うことを促し、食欲を低下させ、小腸からのブドウ糖などの栄養素の吸収を妨げることによって血糖値の上昇を抑えるので、食欲が低下し、食事療法もコントロールしやすくなります。

これによって、体重が減少し、痩せるといったダイエット効果も期待できるとしています。

それから、妊娠可能年齢の女性のうち5~10%もの女性がPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を患っていると言われており、この病気の原因は無排卵による生殖障害・月経不順・アンドロゲン過剰症状・インスリン抵抗性・メタボリックシンドロームなどといわれています。

そして、2型糖尿病の有病率が高いという報告もあり、血中のインスリン濃度が上昇して男性ホルモン濃度が高くなるので、結果的に卵胞の発育をストップさせてしまうんですね。

そのため、メトホルミンを服用して血中のインスリン値を低下させることによって、卵胞の発育を正常に行うことができるようになると、排卵がスムーズに行われると考えられており、不妊改善・妊娠率上昇にも効果を示すのです。

また、2型糖尿病は老化と深く結びついていることが分かっている中で、メトホルミンの服用で糖尿病が改善されると、若返りが可能と考えられており、寿命の延長についても効果のある長生きにも貢献する医薬品として注目を浴びています。

スポンサーリンク

メトホルミンの副作用!腎機能への影響など

メトホルミンには重篤な副作用として乳酸アシドーシスがあることをお伝えし、低酸素応答を活性化する薬剤で改善されるとのことでしたが、腎機能が低下した人がメトホルミンを服用すると、乳酸アシドーシスを副作用として発生する恐れがあることが分かっており、治療の緊急度が高く、非常に危険な状態になります。

また、下痢、便秘、腹痛、嘔吐、早い呼吸、意識障害、昏睡などが起こり、特に多量のアルコール飲酒時や感染症にかかったときに起こりやすくなるようです。

こうした腎機能の低下については、高齢者の場合、潜在的に起こっていることが多いので、十分な治療が必要になります。

造影剤投与中はメトホルミンを中止する必要がある

ヨード造影剤を服用している患者に対しては、一時的に腎機能が低下することが報告されているため、この状態でメトホルミンを服用するとメトホルミンの排泄が遅れ、乳酸アシドーシスが起こりやすくなります。

なので、製薬メーカーによると、ヨード造影剤を投与する前後2日間はメトホルミンの休薬が望ましいとされているのですが、それはメトホルミンが全て排泄されるまでには48時間はかかるからです。

メトホルミンを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

メトホルミン塩酸塩錠は、250mgが1錠あたり、9.9円で販売されており、ジェネリックも同価格ですがいずれにしても安価な薬です。

ですが、国内では医師の処方が必要な医薬品なので、毎回必要になるたびに病院を受診するのは面倒という方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でメトホルミンのジェネリックのゾメットを購入する方法です。

そしてこちらなら、500mgが100錠入って1箱あたり2,373円で購入できるのでお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、メトホルミンのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

メトホルミンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ