セイブルの効果と副作用や飲み忘れや低血糖の注意点!ベイスンとの違いも

セイブルは2006年から発売されている糖尿病の治療薬です。

なので、セイブルの一般名や効果、低血糖などの副作用、飲み忘れなどの注意点、ベイスンとの違い、食後など飲むタイミングなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、セイブル錠のジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、セイブルの効果と副作用や飲み忘れや低血糖の注意点、また、ベイスンとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

セイブルの効果は?ベイスンとの違いも

セイブルは糖尿病の治療薬で、様々な種類がある糖尿病薬の中でも「αグルコシダーゼ阻害薬」という種類に属し、一般名はミグリトールといいます。

そして、食物中の糖分が腸から吸収されるのを抑える薬で、この作用から血糖値の上昇を抑えて糖尿病や食後過血糖を改善させる働きがあり、同種の「αグルコシダーゼ阻害薬」の中では効果は強めです。

それから、体内に多少吸収されるため、肝機能障害や腎機能障害が他剤と比べてやや起きやすいのですが、即効性に優れているため、食後すぐ(1時間)の血糖値の上昇を抑える作用に優れています。

ちなみに、食事の際の糖分吸収を抑える薬なので、食後ではなく、食前に経口投与する必要があります。

一方で、セイブルと同種の「αグルコシダーゼ阻害薬」の中で最も穏やかに効き、副作用が少なく、ほとんど体内に吸収されないため妊婦にも使われることのある医薬品がベイスン(一般名はボグリボース)なのですが、これは保健上、唯一糖尿病の予防にも投与されています。

スポンサーリンク

セイブルの副作用は?低血糖などの注意点も

セイブルの副作用発生率は50.4%とされており、そのほとんどが胃腸系の副作用で、腹部誇張、下痢、放屁(おなら)などが報告されています。

それから、他の糖尿病治療薬と併用することで低血糖が起こることがありますが、これはセイブル単体では生じないようです。

また、前述しましたがセイブルは体内に吸収される比率が高いため、肝機能障害や腎機能障害に注意する必要があります。

セイブルを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

セイブルは国内では医師の処方が必要な医薬品で、病院を受診しないと購入することができないのですが、毎回必要になる度に病院を受診するのは面倒だ、少しでも安く購入したいという方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でセイブルのジェネリックの「ミソビット」を購入する方法です。

そしてこちらなら、セイブルのジェネリック「ミソビット」50mgが100錠入って1箱あたり4,733円で購入できます。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

そのため、セイブルならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

セイブルのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ