ベイスンのダイエットなどの効果と低血糖や副作用!飲み忘れたら?

ベイスンとは、1994年から発売されている薬で、糖尿病の治療薬として用いられていますが、他にも色々な作用があるとされています。

なので、ベイスンのブドウ糖などに関連した作用機序や糖尿病や痩せる、ダイエットといった効果と、低血糖や副作用、食後に飲むなどの注意点や飲み忘れた場合の対応についても知りたいのではないでしょうか。

それから、ベイスン錠のOD錠(ジェネリック)や薬価も気になりますよね。

そこで今回は、ベイスンのダイエットなどの効果と低血糖や副作用、また、飲み忘れた時の対処法などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ベイスンの効果と副作用は?

ベイスンは1994年から発売されている糖尿病の治療薬で、αグルコシダーゼ阻害薬という種類に属し、食事に含まれる糖分が腸から吸収されるのを抑制し、吸収をゆっくりにすることで、この作用から血糖値の上昇を抑えて糖尿病を改善する働きがあります。

なので、ベイスンのような薬を腸管から糖分を吸収させなくする薬だと勘違いしている人がおり、これは痩せる効果があるとダイエット目的で処方を希望される方が多いようですが、あくまでも吸収を穏やかにするだけで時間をかけて結局は吸収されるのです。

そのため、体内に吸収される総カロリーが減らせるわけではなく、当然痩せ薬にもなりません。

また、ベイスンは糖尿病薬の中でも改善する効果は弱めで、穏やかな作用ですが、副作用がないため安全性が高く、体内にほとんど吸収されず、妊婦にも使えるという特徴も持ちます。

副作用は?

ベイスンは安全性が高く、重篤な副作用はほとんどないのですが、全く副作用がないわけではなく、次のような胃腸系の副作用が生じやすいようです。

・ 腹部膨満

・ 下痢

・ 放屁(おなら)

また、ほかの糖尿病治療薬と併用することで低血糖を起こすこともありますが、ベイスン単体では起こすことはないようです。

スポンサーリンク

ベイスンを飲むタイミングは?飲み忘れた場合の対応についても

ベイスンは食べ物の分解を遅らせて吸収を遅らせ、食後の過血糖を抑える薬なので、食事と一緒に摂らなければ意味がなく、タイミングとしては食後ではなく食前に摂るようにしましょう。

そして、食事中に飲み忘れに気づいたらすぐに飲みましょう。

しかし、食後に気づいてしまった場合、食後すぐであれば効果はありますが、時間が過ぎていたら効果は期待できないので、30分以降に気づいたのであればスキップして、次の食事から通常通り食前に服用するようにしてください。

ベイスンを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ベイスンは0.3mgが1錠あたり47.1円で、ジェネリック(OD錠)は0.3mgが1錠あたり26.0円で販売されていますが、いずれも国内では医師の処方が必要な医薬品なので、病院を受診しなければ購入ができません。

でも、毎回必要になるたびに病院へ行くのは面倒だし、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でベイスンODジェネリックの「Prandial MD」を購入する方法です。

そしてこちらなら、0.2mgが30錠入って1箱あたり1,501円で販売されており、2箱だと2,258円、3箱だと3,014円なのでまとめ買いがお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ベイスンのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ベイスンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ