イルベタンの特徴や降圧効果と副作用!アバプロとの違いも

イルベタンは、血圧を下げる作用のほか、心臓や腎臓などの臓器を保護する作用もあるため、臓器障害を持つ方にも適した降圧剤と言えます。

なので、イルベタン錠の特徴や降圧効果、副作用や、アバプロとの違いなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、イルベタン錠の薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、イルベタンの効果や降圧効果と副作用、また、アバプロとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

イルベタンの特徴や降圧効果は?副作用も

イルベタンはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)という種類に属する降圧剤の一種で、血圧を下げる作用のほか、心臓や腎臓などの臓器を保護する作用もあるため、臓器障害を持つ方にも適した降圧剤になり、通常は高血圧症の方に処方されます。

そして、アンジオテンシンIIという血圧を上げる作用の強い物質の働きをブロックすることで、血圧を下げる働きがあり、その血圧を下げる力は中程度ですが、臓器保護作用があり、心臓や腎臓を保護してくれる作用があるというのがイルベタンの特徴です。

これによって、血圧が高いと心臓や腎臓に現れるダメージを防ぐことができるので、心不全や腎不全にも用いられ、イルベタン錠のようなARBは高血圧による全身へのダメージをより広く守ってくれる薬だと言えます。

そして、イルベタンは作用時間が長く、1回の服薬で24時間しっかりと効き目が続き、付加的な効果として糖尿病を改善させたり、高尿酸血症を改善させる効果もあります。

ちなみに、イルベタンは成分名で、錠剤の商品名として「イルベタン錠」「アバプロ錠」とが併売されており、両者に成分や効果の違いはありません。

スポンサーリンク

副作用は?

イルベタン錠の副作用は、発生率が13.0%程度とされており、生じうる副作用としては、

・ めまい

・ 頭痛

・ 悪心や嘔吐

・ 発疹

などがあります。

そして、イルベタン錠は本来、体内のナトリウムを増やし、その代わり体内のカリウムを減らす働きがあるため、カリウムが上昇しすぎてしまうことがあり、それ以外にも肝臓系の酵素や腎臓系の酵素の上昇も心配されます。

そのため、イルベタン錠を長期間服用する場合は、定期的に血液検査などで肝機能、腎機能、カリウムなどの電解質の値をチェックしておくと良いでしょう。

イルベタン錠を買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

イルベタン錠は塩野義製薬から販売されている100mgのものが1錠あたり111.9円で、大日本住友製薬から販売されている100mgのものが1錠あたり112.7円で販売されているので、ほとんど違いはないですね。

そして、ジェネリックは販売されていないようなんですが、これらは国内では病院を受診して医師の処方がないと購入ができない医薬品なので、毎回必要になるたびに病院に行くのは面倒という方が多いですよね。

そんな方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製のイルベタン錠の購入する方法です。

そしてこちらなら、イルベタン300mgが28錠入って1箱あたり1,934円で、2箱だと2,959円とのことなので、処方薬に比べてかなり安いですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、イルベタン錠ならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

イルベタンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ