ブロプレスの効果と副作用や半減期!グレープフルーツは平気?

ブロプレスは、1999年に発売された降圧剤で、血圧を下げる作用などがある医薬品です。

なので、ブロプレスの効果と半減期、副作用や、アジルバやカンデサルタンなどとの違い、グレープフルーツは大丈夫かといったことについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ブロプレスの薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、ブロプレスの効果と副作用や半減期、また、グレープフルーツは大丈夫か、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブロプレスの効果と副作用は?半減期も

ブロプレスは血管を収縮して血圧を上げる体内の物質であるアンジオテンシンIIとその受容体の結合を阻害し、末梢血管への抵抗を低下させて血圧を下げる医薬品で、通常は高血圧症の治療に使われます。

ただ、単純に血圧を下げる力だけでなく、臓器保護作用もあるため、心臓や腎臓を保護してくれる作用もあるので慢性心不全の治療にも使用され、付加的な効果として糖尿病や高尿酸血症の改善も期待することができるなど、作用の用途が広い薬です。

それから、ブロプレスの半減期はおおよそ10時間程度なので、1日1回の服用で効果はしっかりと持続するとされています。

また、ブロプレスの副作用としては発疹、かゆみ、光線過敏症、めまい、ふらつきなどが5%未満ではありますが認められています。

アジルバやカンデサルタンとの違いは?

ブロプレスは1999年発売と、この種類の薬では古い部類に属しますが、ブロプレスを製造している武田薬品は2012年にアジルバという薬も販売しており、こちらは作用時間も長く降圧作用も強い医薬品なので、現在ではこちらの方がより多く処方されています。

また、カンデサルタンはブロプレスのジェネリックにあたる医薬品なので、作用や効果時間なども同一のものとなります。

スポンサーリンク

ブロプレスを服用する場合、グレープフルーツは平気?

血圧を下げる薬というと、グレープフルーツは食べてはいけないというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、実はグレープフルーツとの飲み合わせが禁忌とされる薬は、降圧剤の中でも「ワーファリン」のみです。

そして、ワーファリンはカルシウム拮抗薬という医薬品で、これを服用中にグレープフルーツを食べると、薬の効き目が強くなったり、副作用が強く現れてしまうことから注意が必要とされているのですが、ブロプレスに関しては作用機序が全く異なるので、併用しても問題ありません。

ブロプレスを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ブロプレスは8mgが1錠あたり126.3円で販売されており、ジェネリックも8mg1錠あたり45.3円と、ずっと服用していくことを考えるとやや高い医薬品ですね。

それに、医師の処方がないと購入ができない医薬品なので、毎回必要になるたびに病院を受診したくないという方もいると思いますので、そうした方にはインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製のブロプレス「アタカンド」を購入する方法がオススメです。

そして、こちらならブロプレスと同成分を配合するアタカンドが8mg、30錠入り1箱あたり2,153円で販売されているので、とってもお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ブロプレスと同一有効成分を含むアタカンドならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

アタカンドをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ