ルプラックの効果と副作用!ラシックスとの違いや併用についても

ルプラックは、腎臓で作られる尿の量を増やし、体内の余分なナトリウムや水を体外へ排泄してむくみを解消したり、血圧を下げる効果のある医薬品です。

なので、ルプラック錠のカリウムへの効果や副作用、ラシックスやダイアートとの違いや、ラシックスとの併用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ルプラック錠の薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、ルプラックの効果と副作用、また、ラシックスとの違いや併用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ルプラック錠の効果と副作用は?

ルプラック錠は腎臓で作られる尿量を増やし、利尿作用を働かせて体内の余分なナトリウムや水を体外へ排泄してむくみを解消し、血圧も下げる効果があります。

そして、利尿効果は高く、チアジド系降圧利尿剤が無効だったむくみにも効果がありますが、カリウムの排泄も増えて低カリウム血症も招きやすいというデメリットがあります。

それから、効能としては本態性高血圧症、腎性高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫、妊娠中毒症、妊娠浮腫、悪性高血圧症、月経前緊張症といった病気や、薬によって起こったむくみの改善などに使われます。

副作用は?

ルプラック錠を服用すると、過敏症状として発疹が起こったり、肝臓障害や肝機能障害、電解質失調(低ナトリウム血症、低カリウム血症)が起こることがあり、その症状として吐き気や嘔吐、胃部不快感、便秘、下痢、口の渇き、めまい、知覚障害、脱力感、起立性低血圧、頭重感が現れることがあります。

スポンサーリンク

ラシックスとの違いや併用例は?ダイアートも

ルプラック錠のような利尿剤にはラシックスやダイアートなどがあるのですが、その中でもラシックスは最も降圧効果が高く、高血圧に処方される利尿薬はラシックスが最も多いようです。

一方で、ルプラック錠やダイアートは、心臓や腎臓、肝臓のどこかが弱っており、むくみが生じている場合に使われており、利尿作用で比較してもルプラック錠はラシックスの10~30倍、抗浮腫作用で約10倍強力となっています。

ただ、ルプラック錠は抗アルドステロン作用を持ち合わせており、ナトリウムの再吸収だけでなくカリウムの排泄を促す作用もあるので、他の利尿剤に比べて低カリウム血症を起こしやすいという特徴があるのです。

それに、ルプラック錠は服用後の効果の発現時間が6~8時間程度持続し、作用時間が長いため、睡眠を妨げる可能性も指摘されています。

それに対し、ダイアート錠はカリウムの排泄を促す作用はないですし、効果時間も短いため、自然に近い利尿作用を得ることが可能です。

また、ルプラック錠の低カリウム血症を予防するため、そうした作用の心配がないラシックスをルプラック錠と併用するケースもありますが、医師の判断で必要とされたときのみですので、個人の判断で併用しないようにしてください。

ルプラック錠を買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ルプラック錠は、4mgで1錠あたり23.4円で、8mgだと1錠あたり37.0円程度で、ジェネリックはまだ販売されていません。

そして、国内では医師の処方がないと購入ができない医薬品のため、必要になるたびに毎回病院を受診するのは面倒だし、少しでも安く購入したいと思っている方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製のルプラック錠「トラセミド」を購入する方法です。

そしてこちらなら、10mgが150錠入って1箱あたり2,264円なので、とってもお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでルプラック錠のジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ルプラック錠のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ