オルメテックの特徴や効果と副作用!グレープフルーツは平気?

オルメテックは血圧を低下させる作用があり、高血圧症の治療などに用いられます。

なので、オルメテック錠の特徴や効果、下痢などの副作用やARB (アンジオテンシン受容体拮抗薬)との関係、グレープフルーツとの関連について知りたいのではないでしょうか。

それから、オルメテックの薬価やジェネリックの購入も気になりますよね

そこで今回は、オルメテックの特徴や効果と副作用、また、グレープフルーツは平気なのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

オルメテックの特徴や効果は?グレープフルーツは平気?

オルメテックはアンジオテンシンIIタイプ1受容体に選択的に作用して、アンジオテンシンIIの結合を競合的に阻害し、血圧を低下させる作用があり、通常は高血圧症の治療に用いられる薬です。

そして、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(略称をARB)と呼ばれる新しいタイプの医薬品になります。

それから、症状にもよりますが、心臓病(心不全など)や腎臓病(腎硬化症、糖尿病性腎症など)にも有効と考えられており、血圧を適切に保つことで将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながると考えられています。

また、オルメテックは従来のACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)に多く見られる咳の副作用がほとんどなく、その他の副作用も比較的少なく、長期維持療法に適しており、持続性があるので1日1回の服用で済むといった特徴があります。

グレープフルーツは大丈夫?

一般的に血圧を低下させる効果のある医薬品を服用している場合、グレープフルーツを食べると薬の効果が強くなりすぎて副作用が現れる恐れがあるため、禁忌と言われています。

ですが、厳密には降圧剤の中でも注意が必要なのはノルバスクのようなカルシウム拮抗薬のことで、オルメテックはARBといってアンジオテンシン受容体拮抗薬にあたり、作用が異なるのでグレープフルーツの併用は問題ありません。

スポンサーリンク

オルメテックの副作用は?

オルメテックは副作用の少ない医薬品ですがまったくないわけではなく、特に多いのは身体のだるさ、めまい感、頭痛などが見られるそうですが、これらは徐々に慣れてくることが多いそうです。

そして、もともと腎臓の悪い人では服用し始めに腎機能が一時的に悪化することがあるので、定期的に血液検査を受けて高カリウム血症にならないように注意する必要があります。

それから、重篤な副作用はまずないのですが、薬が効きすぎると血圧が低下しすぎて、強いめまいやたちくらみ、湿疹などの一過性の意識消失も報告されているので、高齢の方やほかの利尿薬との併用をするときには注意が必要です。

オルメテックを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

オルメテックは比較的新しい薬なので、その薬価は20mg1錠あたり112.8円で、ジェネリックでも20mg1錠あたり56.4円なので、決して安い医薬品ではありません。

それに、国内では病院を受診して医師の処方を受けないと購入することができないので、毎回の受診が面倒だし、少しでも安く購入したいという方にはインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でオルメテックのジェネリックを購入する方法がオススメです。

そしてこちらなら、20mgが10錠入って1箱あたり880円で販売されており、2箱だと1,413円、3箱だと1,831円(1錠当たり61円)、6箱なら2,735円(1錠当たり45円)といったように3箱以上まとめ買いをするととってもお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、オルメテックのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

オルメテックのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ