ワーファリンの効果と副作用や半減期や作用機序!アルコールは?

ワーファリンとは、血液をサラサラにする作用で広く知られている医薬品です。

なので、ワーファリンの作用機序や適応のある病名、拮抗効果や内出血などの副作用、半減期などについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ワーファリンを服用する際の注意点で手術や抜歯、ロキソニンやアルコールとの併用についても気になりますよね。

そこで今回は、ワーファリンの効果と副作用や半減期や作用機序、また、アルコールは大丈夫か、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ワーファリンの効果や副作用は?作用機序など

ワーファリンは血栓ができるのを抑制する働きを持つ抗血小板薬としての役割と、血液を凝固させる物質である凝固因子の働きを抑える抗凝固薬としての役割を持つ医薬品です。

そして、その作用機序としては、ビタミンKを必要とする凝固因子(血液を凝固させる物質)の働きを抑制し、血液を固まりにくくすることで、この作用機序から「ビタミンK拮抗薬」と呼ばれ、血管内や心臓内で血栓ができるのを予防してくれます。

それから、ワーファリンが適応のある具体的な病気の名前としては、血栓塞栓症(静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、緩徐に進行する脳血栓症など)で、治療及び予防の目的で使用されます。

半減期は?

ワーファリンの半減期は55~133時間と半減期が非常に長いことが特徴で、服用が一日途切れたとしても適度にコントロールされていれば、さほど影響が出ないというメリットがあります。

そして、ワーファリンは服用期間中、医師によるこまやかなPT-INR(あるいはINR)検査というのをコントロール用検査として行い、これによって血液凝固因子ができるまでの時間(PT)を計算し、ワーファリンの投与量を増減することが必要になります。

それから、PT-INRの数値は血液がいわばサラサラになる度合いのことなので、数値が大きいほど効き目が強く、血が固まりにくく、出血の傾向が強くなり、数値が小さいほど効き目が弱く、血が固まりやすく、血管をつまらせるリスクが高いということになります。

そして、PT-INRの値に伴って投与量を決定し、量の増減を調整しながら投与していくのですが、このPT-INRの値が高値で出血している場合は、ビタミンK製剤としてケイツーN10mgなどを生理食塩水などに溶解後、ゆっくり投与していって様子を見るなどの対処をします。

また、思わぬ時に出血が現れた場合には、適切な止血処置を受けられるように医療機関や家族との連携作業が必要になりますが、それを加味しても使い勝手の良い医薬品であることから、ワーファリンは長い間使用され、イグザレルトのような新薬が登場した今でもワーファリンは投与されることの多い医薬品です。

副作用は?

ワーファリンは効き過ぎると出血しやすくなり、いったん出血すると血が止まらなくなることがあります。

そのため、主に鼻血、歯茎の出血、血痰、あざ、血豆などの皮下出血(内出血)などが多いのですが、稀に重度の出血として消化管出血、脳出血、眼底出血、肺出血などが起こることがあります。

また、初期症状として、上記の出血のほかにも、血尿、血便、吐血などが挙げられ、頭痛、しびれ、手足の麻痺、しゃべりにくい、意識の低下などが起こることもあるようです。

こうしたことから、

・ 歯茎からひどい出血がある

・ 鼻血が止まらない

・ あざができている

・ あざが広がっている

・ 眼の充血

・ 尿の色が濃くなった

などの症状が出ているようであれば、早めに医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

ワーファリンを服用するときの注意点は?

ワーファリンは、相互作用を起こす薬が数多くあるため、他の薬を服用している場合は必ず担当の医師に報告する必要があります。

そして、併用してはいけない薬や、併用に注意が必要な薬は以下のとおりです。

・ 併用禁忌の薬

骨粗鬆症治療用であるビタミンK2製剤(グラケー)はワーファリンの作用が弱くなる可能性があり、ケアラム、コルベットはワーファリンの作用が強く出る場合があるので、併用は禁忌とされています。

・ 併用に注意が必要な薬

抗血栓薬、精神神経用剤、抗てんかん薬、痛風治療剤、糖尿病用剤、高脂血症用剤、甲状腺ホルモン剤、抗真菌剤、アレルギー用薬はワーファリンの作用を強めてしまう薬です。

そして、抗結核薬、催眠鎮静薬、ビタミン剤などはワーファリンの作用を弱めてしまう可能性があるため、併用には注意が必要な薬です。

・ 風邪薬や解熱鎮痛剤との飲み合わせ

ワーファリンと、NSAIDsと呼ばれる解熱鎮痛剤は相互作用があり、併用するとワーファリンの作用が強く出ると言われているので、アスピリン、ロキソプロフェン(ロキソニン)、イブプロフェン、エテンザミド、アセトアミノフェン、ジクロフェナクナトリウム、インドメタシンなどについては、ワーファリン服用中に自己判断で併用してはいけません。

そのため、事前に必ず医師や薬剤師に相談して下さいね。

また、ワーファリン服用中のアルコールの飲用は禁忌とされていますし、食べ物に関しても注意の多い薬なので、詳しくは次の記事を合わせてご覧下さい。

(関連記事:ワーファリンと食べ物の関係や禁止一覧!食事制限の注意点も

手術前の休薬期間

ワーファリン服用中は血がサラサラになっているので、一度出血すると止まらなくなる傾向にあります。

そのため例えば、抜歯する際や、ほかの手術や内視鏡検査が必要になった場合は、出血のリスクにともない休薬が必要になる場合があります。

ですが、血栓症のリスクが高く、ワーファリンを中止するのが難しい方に対しては、ヘパリン療法へと切り換える場合があるので、次の項目で詳しくチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

イグザレルトやヘパリンへの切り換えは?

前述のとおり、手術を行う際にはワーファリンを休薬しなければならないのですが、平均して5日ほど休まなければならないので、例えその短期間であっても脳梗塞などを発症してしまうリスクを避けるためにヘパリン置換というのを行います。

そして、ヘパリンとは抗血栓薬の一種ですが、半減期が短く、プロタミンという拮抗薬と併用することでヘパリンの作用を急速に抑えたい場合に使用することもできますし、静脈から入れられるので速やかに調整が可能、などのメリットがあります。

それから、実際にヘパリン置換を行う場合には、患者のAPTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)を用いて、ヘパリンを投与する前のAPTTの1.5~2.5倍を目安にコントロールし、手術の4~6時間はヘパリンをやめ、プロタミンで中和してから手術を開始します。

そして、手術が終了し、止血が確認されたらヘパリンを再開し、ワーファリンに関しては作用するまでに時間がかかるので、PT-INRが正常化するまでヘパリンを併用することになります。

イグザレルトへの切り換えも

ワーファリンはPT-INRでの管理が必要であったり、ビタミンKを含む飲食物が制限されたりといったように、患者への負担が大きい医薬品です。

そのため、ワーファリンからDOACと呼ばれる医薬品への切り換えが行われることがあり、その一種がイグザレルトです。

そして、ワーファリンからDOACへ切り換える際には休薬期間が必要なため、服薬指導の際は注意が必要です。

それから、ワーファリンから切り換える際にはPT-INRを測定し、下限以下になってからDOACを投与することになっています。

ワーファリンを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ワーファリンは一度服用し始めると生涯飲み続けなければならない医薬品なので、少しでも安く購入したいと思われる方は多いですよね。

でも、国内では病院を受診して医師の処方がないと購入できない薬なので、それを避けて購入したいという方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でワーファリンのジェネリック「Coumadin」を購入する方法です。

そして、こちらならワーファリンのジェネリック5mgが28錠入って1箱あたり1,687円で購入できるので、買いやすい値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ワーファリンのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ワーファリンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ