メインテートの効果と徐脈などの副作用や半減期!喘息の注意点も

メインテートは、不整脈や高血圧症の治療に使われる医薬品です。

なので、メインテートの心不全への効果や徐脈などの副作用、半減期、アーチストとの違い、服用の仕方や、喘息の注意点についても知りたいのではないでしょうか。

それから、メインテートの薬価やジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、メインテートの効果と徐脈などの副作用や半減期、また、喘息の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メインテートの効果や副作用は?半減期も

メインテートとは、ビソプロロールフマル酸塩を主成分とする薬で、比較的軽度から中程度の高血圧症や狭心症、不整脈などの治療に広く使用されている医薬品です。

そして、その作用機序としては心拍数を上げる作用のあるβ受容体を遮断し、心拍数が上がらないようにすることで血圧の上昇を抑える効果があり、それ以外にも心臓の拍動を調節して狭心症や頻脈、不整脈などへの治療効果が期待できます。

それから、メインテートの薬の濃度が最も高くなるのは使用してから3時間後で、さらにその後9時間後に半減期を迎えるので、メインテートの効果は1日1回の服用でほぼ24時間持続するように配合されています。

アーチストとの違いは?

メインテートと同じく、心不全などの治療に使われる薬にアーチストという薬がありますが、メインテートがβ1アドレナリン受容体のみに作用するのに対し、アーチストはαアドレナリン受容体遮断とβ1、β2アドレナリン受容体遮断の作用があるので、作用する場所が少しずつ違います。

具体的には、メインテートの方は呼吸器疾患のある場合や、心拍数が下がりやすいため頻脈の治療に使われることが多いです。

それに対して、アーチストは呼吸器疾患がある場合は使用が難しいですが、心拍数に影響を与えづらいため、徐脈の症状にも使用できるという違いがあります。

副作用は?

メインテートは循環器系に影響を与え、心拍数が上がることを阻害する作用のある医薬品なので、心臓に副作用を及ぼすことがあり、主な症状は徐脈などの脈拍数の減少が原因のものになります。

そして、徐脈は具体的には脈拍数が1分間に60未満になることを指し、脈拍が減少するため血液の回りが遅くなり、体中に酸素が行き渡らなくなる状態になります。

それから、徐脈の症状として、めまいや息切れがあるので、メインテート服用後にひどいめまいや息切れの症状がでたら、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。

用法や用量は?

メインテートの用法や用量は、治療する病気や症状によって異なり、基本的には服用は1日1回ですが、1日2回に分けて服用するように医師から指示されることもあるので、医師の処方に従うようにしましょう。

スポンサーリンク

メインテートの喘息への注意点も

メインテートは、使用に注意が必要な人として、低血糖症や過度の低血圧、65歳以上の高齢者など、様々な人がいますが、特に喘息の発作の恐れがある場合、メインテートが気管支を収縮させ、症状を起こす危険性があるため注意が必要です。

メインテートを買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

メインテートは2.5mgの薬価が1錠あたり61円で、国内では医師の処方が必要な医薬品です。

でも、必要になるたびに病院を受診するのも面倒だし、診察料を払うのも面倒くさいという場合、オススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でメインテートのジェネリック「Biselect」を購入する方法です。

そしてこちらなら、メインテートのジェネリック5mgが100錠入って1箱あたり2,088円(1錠あたり約21円)で購入できるので、お買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、メインテートのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

メインテートのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ