イグザレルトの効果と副作用や腎機能への注意点!休薬期間も

イグザレルトは、抗凝固薬の一種で、脳卒中や塞栓症、血栓症の抑制などの目的で使われる医薬品です。

なので、イグザレルトの特徴や血圧などへの効果、適応疾患、腎機能などへの副作用、特徴やワーファリンへの切り換え、手術との関連、休薬期間について知りたいのではないでしょうか。

それから、イグザレルトを服用中に納豆は食べて良いのか、併用禁忌とされている医薬品やジェネリックの購入などについても気になりますよね。

そこで今回は、イグザレルトの効果と副作用や腎機能への注意点、また、休薬期間などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

イグザレルトの効果や副作用は?腎機能への注意点など

イグザレルトはリバーロキサバンを成分とする抗凝固薬で、脳卒中、塞栓症、血栓症への適応が認められており、血が固まりにくくする効果があります。

その特徴としては、抗凝固薬の中でも第Xa因子阻害剤に分類され、非弁膜症心房細動患者と肺血栓塞症及び深部静脈血栓症患者に対して、日本人のみを対象とした第3相試験を実施した始めての経口第Xa因子阻害剤とされています。

そして、イグザレルトの半減期は5~9時間で、同じ抗凝固薬であるエリキュースは12時間、リクシアナは4.9時間、ワーファリンは55~133時間といったように他の薬より比較的短いため、投与回数は1日1回で良いとされています。

イグザレルトの副作用は?

イグザレルトを服用すると、血はサラサラになるので、鼻出血、皮下出血、歯肉出血、血尿、結膜出血などの副作用が現れやすくなります。

そのため、特に飲み始めはこれらの副作用に関して注意するようにしましょう。

腎機能への注意点は?減量も

イグザレルトは、ワーファリンと違ってビタミンKに拮抗するわけではないので、納豆や青野菜といった食事の制限を受けないことと、消化管出血などのリスクを減らせるといったメリットのある医薬品です。

そして、イグザレルトは抗凝固薬であるため、使用するとプロトロンビン時間(PT)は延長する傾向がありますが、ワーファリンのようにPT-INRの数値を検査しながら投与量のこまかな増減をする必要がありません。

ただ、デメリットとしては生体内に恒常的に存在するトロンビンの作用も抑制するため、出血リスクが上がり、トロンビン-TM(トロンボモジュリン)複合体への親和性の方が高いため、活性化プロテインCの合成を阻害して抗凝固が妨げられることや、これによって腎排泄が高まるので腎機能障害患者に対して使いにくいという点が挙げられます。

それから、イグザレルトは腎排泄率が30%前後で、減量基準としてクレアチニンクリアランスを行い、15ml/min未満の場合は禁忌とされますが、15~29ml/minの場合は投与の適否を慎重に判断し、10mgを1日1回に減量し、30~49ml/minの場合は10mgを1日1回に減量するとされています。

同じように、ワーファリンと違ってビタミン拮抗薬ではないものの、腎機能への注意が必要な薬としてプラザキサがありますが、こちらの腎排泄率は80%で、イグザレルトと同じ腎排泄率が30%なのはエリキュースになります。

スポンサーリンク

イグザレルトをワーファリンへ切り換えるときは?

抗凝固薬として第1選択薬であるワーファリンは、半減期が非常に長いのですが、抜歯や手術など出血のリスクを伴うことを行う前には、あらかじめ休薬期間を5日ほど設ける必要があります。

ただ、この間に脳梗塞などが起こる可能性を避けるため、ワーファリンから予め半減期の短いイグザレルトに切り換え、それから手術などに取りかかることもできます。

そして、術後にワーファリンに戻すのですが、イグザレルトからワーファリンへ切り換える時は、次のように行います。

出典:バイエル薬品HP

このように、ワーファリンは効果作用時間が長いため、はじめはイグザレルトとワーファリンを併用する必要があり、PT-INRが治療域下限を超えた時点でイグザレルトを中止する方法を行います。

出典:バイエル薬品HP

一方で、直ちにイグザレルトからワーファリンへ切り換える必要がある場合は、図のように入れ替える形でワーファリンへの投与に戻すこともありますが、この場合はヘパリンを併用することでコントロールする方法を行います。

スポンサーリンク

イグザレルトの服用に関する注意点

イグザレルトは、腎機能に関する減量や、ワーファリンへの切り換えなど、様々な注意点がありましたが、それ以外にも飲み合わせの注意などいくつか注意点があるので、次のとおりチェックしていきましょう。

1、 飲み合わせ

・ 併用禁忌薬

イグザレルトと併用できない薬(併用禁忌薬)として、HIVプロテアーゼ阻害剤、コビシスタットを含有する製剤、イトラコナゾール、ボリコナゾール、ミコナゾール、ケトコナゾールのアゾール系抗真菌剤

・ 併用に注意が必要な薬、食品

ワーファリン、バイアスピリン、ブラピックス、ボルタレン、クラリス、セント・ジョーンズ・ワート含有食品など

これ以外にも、特に注意したいのが抗生剤であるクラリスロマイシンですが、解熱鎮痛薬であるロキソニンやイブプロフェンなども、事前に医師に確認してから使用する必要があります。

2、 粉砕していい?

イグザレルトを粉砕しての投与については、安定性のデータがまだないため、不可とされています。

3、 高血圧への注意

イグザレルトは出血しやすくなる医薬品で、一度出血すると止まらなくなるリスクがあるのですが、高血圧を伴う患者の場合はイグザレルト投与中に出血リスクがさらに増大します。

そのため、十分な血圧管理を行うため、家庭でも血圧値を測れる環境を持ち、普段から血圧を良好に管理するよう注意しましょう。

イグザレルトを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

イグザレルトは服用に関して注意が必要な薬で、国内では医師の処方がなければ購入することはできません。

そして、薬価はまだ新薬なので、10mgが1錠あたり383円と高価な薬なのですが、一度服用を開始すると生涯服用しなければならないので、少しでもリーズナブルに購入したいという方が多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でイグザレルトのジェネリックを購入する方法です。

そして、こちらなら20mgが28錠入って4286円なので、1錠あたり153円となり、かなり安くなるため、長期的に服用する方には嬉しいですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでイグザレルトのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

イグザレルトのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ