マイコスポールクリームの塗り方とカンジダや水虫などへの効果!妊娠中も使える?

マイコスポールクリームは皮膚に寄生した真菌の細胞膜の構造や機能に障害を与えて抗真菌作用を示す外用薬です。

なので、マイコスポールクリームのカンジダ、水虫への効果や陰部や顔、男性や赤ちゃんへの使用、塗り方や、妊娠中や授乳中でも使えるのか知りたいのではないでしょうか。

それから、マイコスポールクリームの市販薬はあるのか、また、ジェネリックの購入についても気になりますよね。

そこで今回は、マイコスポールクリームの塗り方とカンジダや水虫などへの効果、また、妊娠中も使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

マイコスポールクリームの効果や副作用は?妊娠中や授乳中の利用も

マイコスポールクリームは、皮膚に寄生した真菌の細胞膜の構造や機能に障害を与えて抗真菌作用を示す外用薬で、通常は皮膚真菌症(白癖、カンジダ症、水虫、たむし)などの治療に有効です。

そして、カンジダや水虫は女性に限らず男性も罹患する症状なので、マイコスポールクリームを使用しても問題なく、赤ちゃんにも処方されることがあるようです。

そのため、陰部のようなデリケートな部位に塗っても問題なく、脂漏性皮膚炎などの場合は顔の湿疹への使用も認められているそうです。

ただし、妊娠中や授乳中の使用については、安全性が確立されていないため、医師の指示がない限り使用を控えるようにしましょう。

副作用は?

マイコスポールクリームの主な副作用として、刺激感、皮膚炎、発赤・紅斑、亀裂、うろこのようにはがれる、かゆみ、びらん、乾燥などが報告されています。

そのため、こうした症状に気づいたら、使用を中止して、医師に相談するようにしてください。

スポンサーリンク

マイコスポールクリームの塗り方は?

マイコスポールクリームは、1日1回患部を清潔にしてから塗布すると良いので、お風呂上がりに薬を塗布するのが良さそうです。

そして、外用にのみ使用し、内服したり、目に使用することは禁じられています。

マイコスポールクリームを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

マイコスポールクリームは国内では医師の処方を必要とする薬で、残念ながら市販薬として薬局などで購入することができません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でマイコスポールクリームを買う方法です。

そして、こちらなら10g入って1本あたり1,045円で購入できるのですが、3本だと2,091円になるということなので、まとめ買いをした方がお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでマイコスポールクリームならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

マイコスポールクリームをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ