ブイフェンドの効果と副作用や食間に飲む理由!血中濃度の注意点も

ブイフェンドは、真菌が原因のカンジダなどの症状を治療する抗真菌薬のひとつです。

なので、ブイフェンドの錠剤や点滴、点眼などの薬の種類や効果と血中濃度、食間に飲む理由、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ブイフェンドのジェネリックの購入についても気になりますよね。

そこで今回は、ブイフェンドの効果と副作用や食間に飲む理由、また、血中濃度の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブイフェンドの効果や副作用は?

カビの仲間は専門的には真菌と呼ばれ、体の抵抗力が落ちている場合では、その真菌が消化管や肺などの体の内部で異常増殖することがあり、これを内臓真菌症と呼びます。

そしてブイフェンドは、カンジダ、クリプトコックス、アスペルギルスをはじめ、フサリウムやスケドスポリウムといった真菌に有効で、これらによる消化器真菌症や呼吸器真菌症、髄膜炎など重い内臓真菌症の治療に対し使用されるアゾール系の抗真菌薬です。

それから、薬の種類としては点滴や点眼などもありますが、錠剤も消化管吸収がしやすく、注射と同等の高い血中濃度が得られるので、内服薬として処方されることが最も多いようです。

一方で、注射は経口投与がどうしても難しい場合や、点眼は目の粘膜に真菌が感染した場合も感染性角膜炎などの治療に用いられるようです。

副作用は?

ブイフェンドの副作用で最も多いのは視覚の異常で、目がまぶしく見えたり、ぼやけたりし、この症状は服用をやめてもしばらく続くことがあります。

そのほか、吐き気や嘔吐、食欲不振、頭痛、不眠などもあるようです。

また、最も重い副作用が肝障害なので、元々肝機能が弱い方や、心不全、不整脈を患っている方なども医師からの特別な指示がない限り使用はしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ブイフェンドを食間に飲むべき理由は?

ブイフェンドは、食中に服用することが決まりになっているのですが、これには重要な理由があって、ブイフェンドを高脂肪食摂取後の投与と、空腹時投与とで比べると、吸収速度の遅れが見られるからだそうです。

そのため、安全をとってブイフェンドは食中に服用すること、と決まっているので、昼と晩の食事の最中にとるなど、毎日のタイミングを決めて服用するように注意してくださいね。

また、ブイフェンドの錠剤は注射と同様に吸収率が良く、血中濃度が上がりやすいため、体への負担を考慮して、日頃から血中濃度をモニタリングすることが望ましいとされています。

そして、他の薬との併用はもちろんのこと、もともと肝障害などの疾患を抱えていない方でも、血中濃度の上昇には気にするようにしてくださいね。

ブイフェンドを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ブイフェンドは国内では医師の処方が必要な薬のため、薬局などで市販薬を購入することはできません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でブイフェンドのジェネリック「ボリテック(GEフェント)」を買う方法です。

そして、こちらなら200mgが4錠入って1箱あたり5,763円なんですが、4箱だと21,997円になり、8箱だと39,805円になるそうなので、まとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ブイフェンドのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ブイフェントのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ