ファムビルの効果と副作用や飲み合わせの注意点!バルトレックスとの違いも

免疫が下がった時などにかかりやすいヘルペスを治す薬として処方されることが多いのが、ファムビルです。

なので、ファムビルの特徴や、ヘルペスや帯状疱疹への効果、バルトレックスとの違い、副作用で頭痛や腎機能への影響やファムビルが効かない場合、飲み合わせの注意点や授乳中に使って良いのかなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ファムビルの薬価やジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、ファムビルの効果と副作用や飲み合わせの注意点、また、バルトレックスとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ファムビルの効果や副作用は?

ファムビルは、性器・口唇ヘルペスや帯状疱疹に有効な抗ウイルス薬で、ヘルペスに対しては1日3回の服用で症状を最小限にくいとどめ、治癒までの期間を早めてくれる効果があります。

具体的には、ヘルペスの発症期間を最大で2週間ほど縮めることが可能とされており、ファムビルはヘルペスウイルスの増殖を阻害し、症状の悪化を防いで病変の広がりをとどめる働きを示します。

そして、症状が最大限に抑えられることで治癒までの期間も大きく短縮される仕組みになるというわけですね。

こうしたヘルペスは、初感染時に重症化しやすく、患部の水ぶくれやただれだけでなく、頭痛や排尿痛の激しい症状に苦しめられることになるので、ファムビルのような薬を使用し、患者の負担を少しでも抑えることが重要とされています。

バルトレックスとの違いは?

ファムビル錠はバルトレックスという薬と同様の効果を持ちながら、錠剤がより小さく、飲みやすいという特徴があります。

そのため、症状が苦しく大きな錠剤を飲めない状態の患者、特に子供や女性などでもファムビルなら問題なく服用することが可能です。

副作用は?

ファムビルは医薬品の中では比較的副作用の軽い薬で、少数の報告しかなく、その主な副作用としては頭痛、下痢、眠気などが報告されています。

ただし、こうした副作用は用法や用量を守って服用していればほぼ現れることはないそうですが、稀に重篤な副作用として、精神神経症状や重篤な皮膚の障害、急性腎不全などが現れるようなので、異変を感じたらすぐに使用を中止するようにしてくださいね。

ファムビルが効かない場合もある?

ファムビルは、ウイルスの増殖が活発であるヘルペス発症初期のうちに服用を始めることが大切で、ヘルペスを発症してから時間が経ち、皮膚表面のウイルスが完全に増殖しきってから服用を始めてもファムビルは効き目を現しません。

特に、再発時のヘルペスは増殖期が短いため、発症から24時間以内にはファムビルを服用する必要があります。

そのため、再発の予兆(患部がムズムズした感じがするなど)を感じた時点でファムビルを服用することで、再発を予防することができるので、発症を繰り返しているという方は、異変を感じたら服用した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ファムビルの飲み合わせの注意点は?

ファムビルは、単純ヘルペス(口唇ヘルペス、性器ヘルペスなど)発症時と、帯状疱疹発症時では用法や用量が異なりますので、以下を参考にしてください。

・単純ヘルペスの場合

1日1錠(250mg)を1日3回服用

・帯状疱疹の場合

1日2錠(500mg)を1日3回服用

帯状疱疹の方が症状は強く現れることが多いので、その分ファムビルの服用量も多くなるんですね。

そして、食後の方が吸収効率が良くなるので、朝昼晩の食後に飲むようにすると良いでしょう。

それから、ファムビルは併用を禁忌とされている薬はないのですが、併用に注意が必要な薬として、

・バイアスピリン錠

・ジャヌビア錠

・トラゼンタ錠

・バルトレックス錠

・メトグルコ錠

などがあるので、自己判断で服用する際には気をつけるようにしましょう。

ファムビルを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ファムビルは初期に服用することが大切な薬とされていますが、国内では基本的に医師の処方がなければ購入ができない医薬品のため、忙しくて病院を受診できないという時は、服用タイミングを逃してしまいがちですよね。

そして、国内での薬価は旭化成ファーマ製造のもので250mgが1錠あたり489.0円と決して安くない値段で販売されていますし、ジェネリックは未発売のようなんです。

そこで、いつでも服用できるように常備しておきたい、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でファムビルのジェネリックの「ファムシクロビル」を購入する方法です。

そしてこちらなら、ファムビルと同じ成分が250mg含有の6錠入りが2箱で2,907円(1錠当たり242円)で販売されており、10箱なら4,990円、15箱で7,073円とまとめ買いをした方がお買い得になっています。

一方で、ジェネリックには抵抗があるという方には、同じオオサカ堂でファムビルそのものも購入でき、こちらなら21錠が1箱あたり5,562円(1錠当たり264円)で購入でき、2箱だと10,231円になるそうなので、こちらも買いやすい値段ですね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでファムビルならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ファムビルのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

ファムビルをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ