バラクルードの効果と副作用や投与期間!飲み忘れや遮光の注意点も

バラクルードは、B型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス薬です。

なので、バラクルードの効果と副作用、使い方で投与期間や服用期間、飲み忘れた時の対応や遮光での保管、アルコールや飲酒、コーヒーとの併用、妊娠中の利用や食事の注意点について知りたいのではないでしょうか。

それから、バラクルードとテノゼットの違いや、薬価とジェネリックの購入も気になりますよね。

そこで今回は、バラクルードの効果と副作用や投与期間、また、飲み忘れや遮光の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

バラクルードの効果や副作用は?

肝臓病のおおよそ9割はウイルス性と言われていますが、その中でもB型とC型ウイルスへの感染は問題といわれていて、慢性肝炎になると良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長い間に一部は肝硬変へと悪化し、さらに肝臓ガンへと至ります。

そのため、この流れを絶つことが治療の最大の目的とされており、B型ではその指標としてウイルス抗原の消失のため、抗ウイルス薬であるバラクルードを使用します。

そして、バラクルードはウイルス遺伝子の複製過程を阻害し、ウイルスの増殖を強力に抑える効果があり、中高年に多いウイルス量が増加した慢性肝炎はもちろんのこと、若い人でまだウイルス量が増加傾向にある方にも有効な医薬品です。

このように、バラクルードは肝機能の悪化を食い止める重要な役割を果たしますが、副作用が全くないわけではなく、人によっては吐き気や腹痛、頭痛、倦怠感などの胃腸症状が見られることが多いそうなので、異変を感じたら医師に相談するようにしましょう。

テノゼットとの違いは?

バラクルードはB型肝炎の治療に最も使用される薬ですが、同じくB型肝炎へ有効で新薬のテノゼットという薬もあり、バラクルードに比べて空腹時でなくても使用できるというメリットがあります。

ただし、テノゼットはバラクルードよりも錠剤のサイズが大きく、飲みづらいというデメリットがありますので、タイミングに気をつければ飲みやすい方が良いという方にはバラクルードがオススメです。

スポンサーリンク

バラクルードの飲み方は?注意点なども

バラクルードは空腹時(食後2時間以降かつ食事の2時間以上前)に経口服用するとされており、通常、成人は0.5mgを1日1回経口投与する、とされています。

そして、食間にするのは食事の影響による吸収率の低下を避けるためなので、必ずタイミングは守るようにしましょう。

それから、飲み忘れた場合は気づいた時にただちに服用して良いですが、もしも次の服用時間が近ければ、その分は抜かして次の通常の時間に1回分を飲み、2回分を一気に服用しないようにしてください。

そして、肝機能の低下でバラクルードを服用しているので、アルコールはもちろん禁止ですが、コーヒーであれば、服用前後の2時間以内でもOKで、ミルクや砂糖は入れずにブラックコーヒーなら問題はないようです。

それから、投与期間は病状によって医師により慎重に決められ、人によっては生涯服用しないと急激に病状が悪化するおそれがあるため、自己判断でやめたりしないようにしましょう。

また、バラクルードは必ず遮光保存することとされているので、別の瓶に入れ替えるなどして保存する場合は遮光瓶を使うようにしてください。

ちなみに、妊娠に関わる安全性は確認されていないので、妊娠中の服用は避けることが望ましく、服用するのであれば医師による判断があるときのみにしましょう。

バラクルードを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

バラクルードは、国内では医師の処方を必要とする医薬品で、薬価は0.5mgで1錠あたり1061.8円とかなり高価な医薬品です。

そこで、少しでも安く購入したいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」にてバラクルードのジェネリックを購入する方法です。

そしてこちらなら、0.5mgが10錠入って1箱あたり5,557円(1錠当たり557円)になり、2箱だと10,823円になるので、まとめ買いをした方がお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、バラクルードのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

バラクルードのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ