レボクインの風邪などへの効果と副作用やクラビットとの違い!飲み方についても

レボクインは広範囲にわたる抗菌作用のある抗菌薬の一種です。

なので、レボクインの風邪や喉の痛み、歯周病や副鼻腔炎、ヘルペスへの効果・効能やレボクインとクラビットとの違い、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、レボクインの飲み方で用法・用量や飲む量、ロキソニンとの飲み合わせについても気になりますよね。

そこで今回は、レボクインの風邪などへの効果と副作用やクラビットとの違い、また、飲み方などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

レボクインの効果・効能、副作用は?

レボクインは様々な範囲に渡って抗菌作用を持つ抗菌薬で、クラビットとの違いとしては、レボクインはクラビットのジェネリックに当たるため、薬価が安くなるのですが、作用や成分としては同じです。

そして、ニューキノロン系の経口抗菌製剤と呼ばれる抗菌薬で、旧来の抗菌薬に比べて抗菌力が強い薬です。

そのため、クラミジア以外にもグラム陽性菌、マイコプラズマ、レジオネラといった細菌にも有効で、淋病やクラミジア、ヘルペスなどの性感染症、風邪の時の喉の痛みの原因となる咽頭炎や扁桃炎などの呼吸器感染症などにも効果があります。

それから、歯科感染症や耳鼻科感染症の治療にも使用されるので、歯周病や副鼻腔炎にも効果を期待することができます。

このように、レボクインは使用用途が広く、様々な疾患に対応しているタイプの便利な内服薬ですが、副作用も少なくなく、具体的には発疹や蕁麻疹、下痢、手足のしびれ、けいれん、頭痛、めまい、倦怠感などが現れるそうです。

また、ごく稀に集中力の低下やアキレス腱周辺の痛みなどが起こることもありますし、高齢の方や持病で肝臓や腎臓に障害を患っている方は使用を控えた方が良いようです。

スポンサーリンク

レボクインの飲み方は?

レボクインは、通常成人の場合、1回100mgを1日2~3回に分けて服用するとのことで、症状が重たい場合に1回200mgを1日3回に分けて服用することになります。

そのほか、症状によっては1回100mgを1日4回に分けて服用したり、200mgを1日2~3回に分けて服用したりと用法用量が異なるため、必ず医師の指示に従って服用するようにしてください。

それから、レボクインは病院で処方される場合、ロキソニンと共に処方されることが多いので、医師の処方であれば問題なく服用して良いのですが、併用することで痙攣が生じる可能性があるようです。

とはいっても、痙攣が起こる確率は0.01%未満ということで非常に少ないので、併用は禁忌ではないのですが、あくまで気をつけて併用する必要があります。

レボクインを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

レボクインは医師の処方が必要な薬のため、国内では市販はされておらず、必要になるたびに病院を受診しなければなりません。

なので、毎回診察料を払うのも面倒だし、少しでも安く買いたいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製品の「レボクイン」を購入する方法です。

そして、こちらならレボクイン250mgが100錠入って1箱あたり2,987円で購入できるので、とってもお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでレボクインならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

レボクインをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ