ミコナゾールのカンジダや水虫への効果と副作用!市販薬はある?

ミコナゾールは、真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用がある薬です。

なので、ミコナゾールのカンジダや水虫への効果や、男性のカンジダにも有効なのか、マラセチア菌への効果、ケトコナゾールとの違いやワルファリンとの併用、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ミコナゾールには市販薬があるかも気になりますよね。

そこで今回は、ミコナゾールのカンジダや水虫への効果と副作用、また、市販薬はあるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ミコナゾールの効果・効能は?

ミコナゾールは真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用がある薬なのですが、製剤に色々な名称があり、ミコナゾール製剤などが主に消化管カンジダ症の治療に用いられ、女性の場合は膣錠もあります。

一方で、ナイスタチン製剤は腸や口腔、膣、皮膚に起こったカンジダ治療に使われたり、イトラコナゾール製剤は尿路真菌症に使われるため、男性の場合はこうした製剤が処方されるようです。

それから、塩酸テルビナフィン製剤は外用抗真菌剤では治療が難しい場合に限って用いられる内服剤で、爪や手、足、頭部などの水虫や爪カンジダ症の治療に使われています。

また、人間の背中のニキビの原因や、犬に寄生して皮膚病の原因となるマラセチア菌にも有効のため、この菌を除去するものとしてミコナゾール硫酸塩を配合したシャンプーも使われています。

ケトコナゾールとの違いは?

ミコナゾールと同様に、カンジダ症に処方される薬としてケトコナゾールがありますが、こちらは塗り薬のため、内服薬のミコナゾールと違って副作用が少なく、塗った時の刺激感もあまりありませんし、菌の活性を抑える働きが強く、少ない回数の塗布で効果を期待することができます。

ただ、表在性カンジダ症の方にのみ有効で、口腔カンジダや食道カンジダ、深剤性カンジダには有効性はありませんし、稀にかぶれの症状が現れることがあるので、使用の差には注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

ミコナゾールの副作用は?ワルファリンとの併用についても

ミコナゾールは比較的副作用が少ない内服薬ではありますが、稀に過敏症状として発疹やアレルギー症状を起こすことがありますので、異変を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしてください。

また、2016年には国内でミコナゾールの経口薬と注射薬について、ワルファリンカリウムを併用禁忌とするよう改訂の指示が出されました。

そして、もしも併用すると重篤な出血関連症例があったそうなので、慎重投与を要するため、個人の判断では併用することは避けるようにしてくださいね。

ミコナゾールを購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ミコナゾール硫酸塩を主成分とした市販薬は、大正製薬のメディトリートという薬がそれに当たります。

でも、カンジダ症の薬などを薬局で買うのは恥ずかしい、少しでも安く買いたいという方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でミコナゾールクリームを買う方法です。

そして、こちらならミコナゾールクリーム15gが1本あたり1,154円で購入できるんですが、2本だと1,554円になり、3本だと2,034円になるのでまとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでミコナゾールクリームならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ミコナゾールクリームをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ