バクトロバン軟膏の使用方法と効果や適応と副作用!使用期間も

バクトロバン軟膏は、細菌のRNA合成酵素の生成を阻害することにより細菌内でのタンパク合成を抑制し、抗菌活性を示す軟膏薬です。

なので、バクトロバン軟膏の適応や、MRSAやアトピー、耳への効果や使用方法で使い方や塗り方、使用期間について知りたいのではないでしょうか。

それから、バクトロバン軟膏の術前の使用や、ジェネリックでの販売といったことも気になりますよね。

そこで今回は、バクトロバン軟膏の使用方法と効果や適応と副作用、また、使用期間などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

バクトロバン軟膏の効果や副作用は?

バクトロバン軟膏は、細菌のRNA合成酵素の生成を阻害することにより細菌内でのタンパク合成を抑制し、抗菌活性を示す作用があり、塗布することで鼻腔内のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を除菌する効果があります。

そして、中程度のとびひの治療や二次的に感染した小さな裂傷、擦り傷などの外傷に有効で、皮膚の保護機能が低下しているアトピー性皮膚炎の方でも使うことができます。

それからMRSAのような菌はどこにでも生息している菌の一つですが、人間では特に鼻や耳の穴に存在していて、皮膚の浅くて小さな傷に棲みつき、表皮を剥奪する毒素を出すことによって皮膚に水疱や嚢胞ができるのが特徴であるため、バクトロバン軟膏は鼻腔内や耳内に塗布することが多いですね。

また、バクトロバン軟膏は外科手術を受ける患者の鼻腔内に、感染予防を目的に塗布することもあるそうですが、これについてはまだ確かな効果が確立されていないそうです。

このように、バクトロバン軟膏はさまざまな効能がある便利な軟膏薬ですが、副作用が全くないわけではなく、そう痒感や皮膚乾燥、皮膚灼熱感、赤み、刺痛、痛み、腫れといった症状が現れるので、異変を感じたら使用を中止してくださいね。

スポンサーリンク

バクトロバン軟膏の使用方法は?

バクトロバン軟膏は、1日3回、適量を綿棒などの先に取り、鼻腔内や耳内に塗布するようにしてください。

そして、鼻汁があるときや、耳垢が気になる場合は、処理をしてから塗布するようにしてくださいね。

それから、バクトロバン軟膏は必要最小限の期間として3日を使用期間とし、それ以上の長期にわたり投与してはいけないそうなので、気をつけてくださいね。

バクトロバン軟膏を購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

バクトロバン軟膏は国内では医師の処方が必要な薬のため、薬局などで個人が購入することはできません。

でも、毎回病院を受診するのが面倒な方や、診察料がもったいないという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で「バクトロバン2%軟膏」を購入する方法です。

そして、こちらならバクトロバン2%軟膏が15g入って1本あたり1,660円、2本だと2,512円、3本だと3,387円になるそうなので、まとめ買いをするとお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、バクトロバン軟膏ならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

バクトロバン軟膏をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ