チニダゾール錠の飲み方や効果と副作用!フラジールとの違いも

チニダゾールは、膣トリコモナス原虫に殺虫的に作用し、発育を抑制する薬の一種で、トリコモナス症の治療に用いられることで知られています。

なので、チニダゾール錠の効果と副作用やフラジールとの違い、飲み方のポイントでお酒との併用についても知りたいのではないでしょうか。

それから、チニダゾール錠は市販されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、チニダゾール錠の飲み方や効果と副作用、また、フラジールとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

チニダゾール錠の効果と副作用は?フラジールとの違いも

チニダゾール錠は抗トリコモナス剤で、女性に多いトリコモナス膣炎を治療するため用いられ、原虫を殺虫し、死滅させることができるため、昔からトリコモナス症の第一選択とされてきており、内服薬以外にも膣内に直接作用させる膣錠があります。

そして、トリコモナス症はトリコモナス原虫に感染して発症する性感染症で、膣や尿道、前立腺に原虫が寄生することによって不快な症状が現れる症状のことなので、女性に多いものの、男性がかかることもあるんですね。

しかも、男性の場合は尿道だけでなく精巣、前立腺にまで寄生し、自覚症状がなかなか現れにくいという難点があるのですが、そんな男性のトリコモナス症にもチニダゾール錠は有効です。

また、トリコモナスは脊椎動物全般に寄生する原虫の一種で、動物に感染する危険性もあるので注意が必要で、原因は原虫に汚染された糞便を口に入れることで感染するケースが多く、主な症状は大調整下痢や脱水症状、肛門の腫れや赤みだそうです。

そのため、犬や猫など、ペットの動物がトリコモナス症にかかったときもチニダゾール錠は使用されることがあります。

副作用は?

チニダゾール錠は副作用が比較的少ないタイプの薬剤ですが、食欲不振、胃の不快感、吐き気などをもよおすことがありますし、血便や下痢、腹痛など、消化器系の症状が多いようなので、長く続く場合は継続服用の可否についてよく医師と相談してください。

そして、妊娠初期の内服により胎児への奇形出現という影響もあるので、妊婦への内服投与は行うことはありません。

アルコールとの併用は?

チニダゾール錠を使用することの障害としてアルコールに弱くなることが挙げられ、悪酔いしやすくなり、動悸や頭痛などに悩むことになるので、チニダゾール錠の服用が終わるまではアルコール類は控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

フラジールとの違いは?

トリコモナス症にはチニダゾール錠の次に、メトロニダゾールを主成分とするフラジールという薬が使用されることがありますが、こちらは吸収が良く内服薬として使用する場合、ほとんどが腸で吸収され、静脈注射とほぼ同様の効果が期待できるという特徴があります。

そして、副作用が少ないですが現れるとしたら消化器系の症状が多かったり、アルコールとの併用が禁止であるのもチニダゾール錠と同様ですが、主成分が異なるため、チニダゾール錠が効いてフラジールが効かない人もいますし、その逆もいるので、第二選択として必要な時に使用すると良いでしょう。

チニダゾール錠を購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

チニダゾール錠は国内では市販されておらず、病院で医師の処方がない限り購入することができません。

でも、必要になるたびに毎回薬局に買いに行くのは面倒という方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイトで「ファシジン500mg」を購入する方法なのですが、こちらは日本国内で承認されているチニダゾール錠500mg「F」と同じ成分・チニダゾールを配合しています。

そして、こちらならファシジン500mgが100錠入って1箱あたり3,383円で購入できるので、買いやすい値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけでファシジン錠ならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ファシジン錠をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ