バナン錠の風邪などへの効果と副作用や飲み合わせの注意点!妊婦や授乳中も飲んで良い?

バナン錠はセフェム系の抗生物質で、殺菌作用のある薬剤ですが、様々な効果・効能があります。

なので、バナン錠の風邪や喉の痛み、膀胱炎、ニキビ、クラミジアなどの性病への効果や下痢などの副作用、飲み合わせの注意点や妊娠中の妊婦や授乳中でも飲めるのかといったことが知りたいのではないでしょうか。

それから、バナン錠は市販されているのか、ジェネリックでの販売なども気になりますよね。

そこで今回は、バナン錠の風邪などへの効果と副作用や飲み合わせの注意点、また、妊婦や授乳中でも飲めるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

バナン錠の効果や副作用は?

バナン錠はセフェム系の抗生物質で、細菌の細胞壁の合成を阻害することにより、殺菌作用を示すことが知られていて、通常、呼吸器感染症、皮膚感染症、産婦人科感染症、耳鼻科感染症、歯科・口腔外科領域感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されます。

そのため、喉の痛みがある風邪、女性に多いとされる膀胱炎にも効能がありますし、ニキビに対しても原因となるアクネ菌の増加をすばやく抑制させる働きを期待することができます。

ただし、クラミジアなどの性病に関しては、マクロライド系の抗生物質の方が効果があるため、バナン錠では効果が期待できないようです。

こうした様々な効能があるバナン錠ですが、副作用も多く、下痢や軟便、胃部不快感、吐き気、嘔吐、リンパ腺腫脹、関節痛、発疹、蕁麻疹、かゆみ、発熱などが報告されています。

そのため、異変を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談してくださいね。

スポンサーリンク

バナン錠の飲み方の注意点は?授乳中や妊娠中も飲める?

バナン錠は通常、成人は1回1錠を1日2回、食後に服用すると良いようです。

そして、併用を禁忌とされている薬はないようですが、注意を要する飲み合わせは多く、マグミット錠や酸化マグネシウム錠、タイメック配合内用液などがそれに当たるので、初めて使用する場合は医師の指示に従って安全な範囲内で服用するようにしてください。

また、妊娠中や授乳中に関しては、安全性が確立されていないため、バナン錠を個人の判断で服用せず、医師に相談してからにしましょう。

バナン錠を購入するならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

バナン錠は医師の処方が必要な薬のため、国内では市販はされておらず、必要になるたびに病院を受診しなければなりません。

なので、毎回診察料を払うのも面倒だし、少しでも安く買いたいという方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でバナン錠のジェネリック「セフォプロックス」を購入する方法です。

そして、こちらならバナン錠のジェネリック100mgが10錠入って1箱あたり1,343円で、3箱だと2,361円、6箱だと3,780円といったように、まとめ買いをするととってもお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、バナン錠のジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

バナン錠のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ