シチコリンサプリの効果と副作用や作用機序!勉強や脳梗塞には?

シチコリンとは、脳の血流増加作用、脳血管抵抗の低下作用により、脳循環を良くする物質で、サプリとしても販売されています。

なので、シチコリンの認知症への効果や、アセチルコリン、作用機序、コリンとの違い、副作用についても知りたいのではないでしょうか。

それから、シチコリンは脳梗塞や勉強へも効果があるのか、サプリなどの摂取量も気になりますよね。

そこで今回は、シチコリンサプリの効果と副作用や作用機序、また、勉強や脳梗塞には効くのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シチコリンとは?作用機序や効果、副作用など!

記憶に関わる神経伝達物質アセチルコリンを体内で生成するときに材料となるのがホスファチジルコリン(一般的にはレシチン)です。

そして、シチコリンはこのホスファチジルコリンを作る原材料となる物質なので、体内でアセチルコリンを作るのには、ホスファチジルコリンの形で摂取するより、シチコリンで摂取する方が効率が良いとされています。

それから、シチコリンサプリは記憶力を高める効果が期待されて使われており、受験生など勉強を集中して頑張っている方にもオススメです。

それ以外にも、

・ 集中力向上

・ 記憶力向上

・ 注意力アップ

・ 動脈硬化の予防

・ 老人性痴呆の予防

といった様々な効果が期待できる、いわゆるスマートドラッグで、認知症を患っている方にもオススメです。

それから、脳梗急性期意識障害の患者に使用する場合は、卒中発症後、2週間以内に投与を開始することが望ましいそうです。

また、シチコリンの一般的な副作用や胃腸や下痢などの消化器系の障害や、食欲不振、倦怠感が稀に報告されているそうです。

ちなみに、アセチルコリンの原料のことをコリンソースといい、このコリンソースにはホスファチジルコリンとシチコリン(CDPコリン)のほかにもαGPCといって分子量が最も小さく、血液脳関門を通過しやすいコリンソースもあります。

スポンサーリンク

シチコリン錠(サプリ)の摂取量は?

シチコリン錠(サプリ)は、成人の場合は1日に1回ないし2回、500mg~1,000mgが適量で、上限は2000mgとなっていますので、その摂取量の範囲内で服用し、初めての方は1日500mgから始めると良いそうです。

シチコリン錠(サプリ)を買うならインターネットの個人輸入代行サイトがオススメ!

シチコリン錠(サプリ)は国内ではまだそれほどメジャーではないので、国産で手に入るものがない状態です。

そこでオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で海外製の「シチコリン」を購入する方法です。

そしてこちらでは、シチコリン500mgが30錠入って1箱あたり3,298円で購入でき2箱だと5,463円になるので、まとめ買いしておくととってもお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、シチコリンならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

シチコリンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ