ラミクタールの効果と太るや眠気などの副作用と離脱症状!酒は?

ラミクタール錠は、国内ではまだ比較的新しい抗てんかん薬なので、詳しくない方も多いと思います。

なので、ラミクタール錠のてんかんやうつなどへの効果と太る、かゆみ、眠気などの副作用と離脱症状でめまいやイライラなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ラミクタール錠と酒は併用できるのかも気になりますよね。

そこで今回は、ラミクタールの効果と太るや眠気などの副作用と離脱症状、また、酒は大丈夫か、といったことになどついても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ラミクタール錠の効果や副作用は?

ラミクタール錠は2008年に国内で発売された抗てんかん薬で、てんかんの患者に対して気分を安定させる薬として使われており、双極性障害(躁うつ障害)の治療にも適応を拡大されるようになりました。

そして、気分安定薬としての作用機序ははっきりしていないのですが、脳の活動を抑えることが分かっていて、抗うつ効果が強く、再発予防効果も認められているそうです。

このような双極性障害のうつに効果が期待できる薬は少ないので、うつ状態の方には重宝されている薬です。

一方で、抗躁効果は弱いという点はありますが、安全性も高く、妊娠への影響が少なく、授乳中でも利用できますし、かみ砕いて粉砕したり、水に溶かして飲むこともできたりと、利便性の高い薬です。

それから、ラミクタール錠は副作用も少なく、眠気やめまい、不眠、吐き気や痩せる、頭痛などが見られることもありますが、とても少なく、他の抗てんかん薬のように突発的な食欲が現れて太るといったことも少ないです。

ただし、ラミクタール錠は薬疹といって、重症の皮疹やかゆみ・発疹に発展し、最悪の場合死に至る可能性もあるので、注意が必要です。

また、ラミクタール錠の用量を守らなかったり、過剰摂取すると、躁転状態になることもあるので、必ず用法は守って使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

ラミクタール錠の離脱症状も

ラミクタール錠をはじめとした気分安定薬では、イライラするなどの離脱症状は見られることはほとんどなく、それはラミクタール錠は主に受容体に作用せずに、イオンチャネルという部分に作用するからだそうです。

とはいえ、症状が落ち着いてくると病気は治ったと思って簡単に薬をやめてしまう方がいますが、ラミクタール錠は離脱症状は起きないとしても、突然やめると体へのリバウンドがきて、前よりも症状が悪化することがあるので、自己判断せずに医師に相談するようにしましょう。

また、薬は添付文書に必ずといっていいほどアルコールとの併用を禁止する記載があるものですが、ラミクタール錠にはありません。

とはいっても、ラミクタール錠を服用中にお酒を飲んでも良いかというと、それはNGで、アルコールの影響を受けてラミクタールの血中濃度が不安定になり、必要以上に効果が出すぎたり、副作用が強く現れることもあります。

それから、双極性障害の方はアルコール依存症に発展しやすいという特徴もあるので、できるだけ努力をしてアルコールは控えるようにしましょう。

ラミクタール錠を買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ラミクタール錠はまだ国内では新薬なので、薬価も高く、ずっと使っていくには負担額が高くなりがちです。

それに必要になるたびに病院を受診するのも面倒くさいという方のためにオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でラミクタールを購入する方法です。

そしてこちらではラミクタール25mgが30錠入って1箱あたり1,996円で購入できるので、お買い得ですよね!

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ラミクタールならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ラミクタールをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ