ジプレキサの効果と便秘などの副作用や半減期!妊娠への影響も

ジプレキサは、セロトニンだけでなく様々な受容体を全体的にブロックし、ドーパミンの働きを整えることのできる薬剤です。

なので、ジプレキサのうつへの効果やザイディスとの違い、便秘、太る、幻聴などの副作用や離脱症状、アルコールやエピリファイの併用、半減期、禁忌で妊娠への影響について知りたいのではないでしょうか。

それから、ジプレキサの薬価やジェネリックについても気になりますよね。

そこで今回は、ジプレキサの効果と便秘などの副作用や半減期、また、妊娠への影響などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ジプレキサの効果や副作用は?

ジプレキサは、ドーパミンD2受容体やセロトニン2A受容体をはじめ、様々な受容体を全体的にブロックすることで、ドーパミンの働きを整えるよう作用する薬剤で、幻聴や妄想などの「陽性症状」と意欲減退や感情の欠如など「陰性症状」の両方を改善することができます。

それに対し、従来の抗うつ剤などはドーパミンかセロトニンのどちらかをブロックするよう働きかける作用のものが多かったので、ジプレキサはより効率的に働きかけることができ、こうした薬剤のことをMARTA(多元受容体標的抗精神病薬)と呼んでいるそうです。

そして、ジプレキサは色々な受容体を緩やかにブロックすることで、鎮静効果への期待、陰性症状や認知機能の改善効果、安眠効果など様々なメリットがあり、得に幻覚や妄想、興奮や衝動性が現れている時にうってつけの薬だそうです。

そのため、主に統合失調症やうつなどの症状に処方されることがあります。

副作用は?

ジプレキサはドーパミン、セロトニン以外にも働きかけるので、体重増加・ふらつき・立ちくらみ・射精障害・眠気・口が渇く・便秘・排尿困難といった副作用が見られ、特に代謝の悪化や眠気・口の渇きといった抗コリン作用の影響が多く見られるそうです。

一方で、稀に食欲が減退することもあるため、効果というわけではないのですが、結果的にダイエットにつながることも少なくないようです。

ザイディスとの違いは?

ジプレキサにはジプレキサ錠以外にも、ジプレキサザイディス錠という薬も販売されているのですが、ジプレキサ錠は錠剤であるため服薬するときには水と一緒に服薬する必要がある一方で、ジプレキサザイディス錠は唾液に触れるとさっと溶ける特徴があるため、水がない状況でも服薬することができるそうです。

なので、ジプレキサザイディス錠は外出先や仕事の最中でも飲みやすいのがメリットですね。

ちなみに、これらに効果や副作用の違いはないそうです。

スポンサーリンク

ジプレキサの効果時間や離脱症状は?禁忌や妊娠への影響なども

ジプレキサは服用すると4.8時間で血中濃度がピークになり、そこから少しずつ薬が体から抜けていき、半減期は28.5時間ほどだそうです。

なので、1日1回でも十分に効果時間が持続し、鎮静作用が高いので、夕食後や就寝前に使った方が良さそうです。

それから、ジプレキサは色々な受容体にゆるく作用するので、他の薬から切り換えたり、新しく開始するときのリスクが少なく、離脱症状も比較的少ない方と言われていますが、全くないわけではなく、突然薬をやめたりすると、だるい・吐き気といった症状が現れることがあります。

そのため、ジプレキサをやめたい時などは自己判断で決めずに、必ず医師に相談するようにしましょう。

それから、服薬するときは、副作用の防止のために吐き気止めを併用したり、同じ抗精神病薬でよりドーパミンブロック効果の高いエビリファイを併用し、効果を高めることもできます。

禁忌は?

ジプレキサは発売当初、急激に血糖が悪化して亡くなったケースがあったため、糖尿病の方は禁忌という扱いになっています。

それから、ジプレキサの妊娠中に考えられる影響というのはまだ明らかになっていないことと、医師が必要と判断した場合は妊娠中も飲み続けなければならないそうです。

そのため、ジプレキサを服薬している方で妊娠したことが分かった場合は、できるだけ早く病院を受診して医師に相談して下さい。

また、ジプレキサを服薬するときにアルコールを併用すると、副作用が悪化するリスクがあるため、必ず水と一緒に服薬するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ジプレキサを買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

ジプレキサはアメリカ本国で特許があり、現地での薬価が高い影響で日本国内でも高く販売されており、1錠498円と非常に高いところがデメリットです。

そんな中、できるだけ安く購入したい、病院を受診するのも面倒くさい、という方のためにオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でジプレキサのジェネリックの「オリザ」を購入する方法です。

そしてこちらでは、ジプレキサのジェネリック10mgが100錠入って1箱あたり3,962円で購入できるので、かなり安いですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ジプレキサのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

ジプレキサのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ