リスペリドン錠の効果と太るや眠気などの副作用!半減期も

リスペリドン錠(リスパダール)は統合失調症など精神疾患の症状改善のために用いられる薬の一種になります。

なので、リスペリドンとは何か、その作用機序や認知症やせん妄、うつなどへの効果、睡眠薬としての利用、太る、眠気といった副作用や、糖尿病の方の利用について知りたいのではないでしょうか。

それから、リスペリドンの半減期や頓服としての利用についても気になりますよね。

そこで今回は、リスペリドン錠の効果と太るや眠気などの副作用、また、半減期などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リスペリドン錠とは?その効果や副作用!

リスペリドン錠は1996年に発売された抗精神薬で、国内ではリスパダールという名前で販売されており、発売時の適応症は統合失調症のみでしたが、2016年に小児期の自閉症スペクトラム症に伴う易刺激性の適応が追加されました。

そして、リスペリドンは中枢神経のドーパミン受容体を強力にブロックすることで統合失調の陽性症状と呼ばれる幻覚や妄想を改善させるので、興奮、衝動性、易怒性などの精神の高ぶりを抑える作用にも優れています。

そのため、リスペリドンはせん妄のような症状の改善にも効果的で、うつ病患者に対しても、抗うつ剤だけでは改善が不十分な方に対して少量のリスペリドンを処方することがあります。

このように、リスペリドンは精神を安定させる効果があり、一般的にリスペリドンのような抗精神薬は緊張がほぐれて眠くなることから、睡眠薬としての効果を期待する方もいるようですが、明確に効果が認められているわけではないようです。

また、認知症における幻覚・妄想・興奮状態を押さえるために医師からリスペリドンを処方される可能性がありますが、リスペリドンの適応症として認知症は明記されてないそうです。

それに、認知症患者の多い高齢者の場合は生理機能の低下などによって副作用が現れやすいので、注意しましょう。

一方で、リスペリドンは服用することで高血糖や糖尿病の悪化が見られることがあり、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡などの重大な副作用を引きおこす可能性があります。

ちなみに、糖尿病の人のリスペリドンの服用は禁忌ではなく、注意が必要といった記載程度に留まっているのですが、重大な副作用を起こさないためにも十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

リスペリドン錠の半減期は?

リスペリドンの服用後、体内での薬の濃度が最高値に達するまでの時間は約1時間で、半減期は約4時間と言われているので、服用する場合は薬の効果は半日程度もつと考えて1日2回摂ると良いそうです。

そして、リスペリドンは症状によって用法や用量は異なりますし、基本的には毎日継続して飲む薬として処方されることが多いのですが、医師の判断によって頓服として処方されることもあります。

そのため、具体的な服用量や服用のタイミングについて、初回は必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。

リスペリドン錠を買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

リスペリドン錠は様々な効果が期待でき、使用用途が豊富な錠剤でしたが、国内では基本的に医師の処方がないと購入ができない薬剤です。

ですが、常用しているので、わざわざ病院の受診が面倒くさい、薬価が高いのが気になるといった方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でリスペリドン錠のジェネリック「リスパダール」を購入する方法です。

そして、こちらでは、リスパダールジェネリックは2mgが20錠入って1箱あたり1,621円ですが、2箱だと2,345円、3箱だと3,083円といったようにまとめ買いをするとさらにお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、リスペリドン錠のジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

リスペリドン錠のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ