エクセグラン錠のパーキンソン病などへの効果と飲み合わせの注意点

エクセグラン錠は中枢神経に作用して、てんかんなどの発作を抑える抗精神病薬のひとつで、トレリーフ錠という商品名で販売されています。

なので、エクセグランのパーキンソンなどへの効果や副作用、作用機序や半減期、血中濃度や飲み合わせに関する注意点についても知りたいのではないでしょうか。

それから、エクセグランの薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、エクセグラン錠のパーキンソン病などへの効果と飲み合わせの注意点などについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

エクセグランの効果と副作用は?

エクセグラン錠はゾニサミドを主成分としており、中枢神経に作用し、てんかんなどの発作を抑える薬として使われてきましたが、2009年にはレボドパ含有製剤の他に抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合に併用することが認められました。

そして、エクセグラン錠は62時間という長い半減期を持ち、てんかん治療における作用機序はまだはっきりと解明はされていないそうですが、発作活動の伝播過程の遮断、てんかん原性焦点の抑制などによるものと推測されています。

一方、エクセグラン錠がパーキンソン病治療に応用されるようになったのは、痙攣発作を起こしたパーキンソン病患者に投与したところ、痙攣の抑制だけでなく、パーキンソン病自体の改善効果も見られたからだそうです。

こうしたパーキンソン病は神経終末のドーパミン欠乏により発症することが分かっており、従来の薬剤ではこのドーパミン放出促進薬が使用されてきたのですが、エクセグラン錠はそれとは異なる作用機序が想定されており、具体的には、レボドパ投与時に線条体細胞外液中で起こるドーパミンレベルの上昇を増強させる作用などがあるそうです。

そのため、エクセグラン錠はレボドパ含有製剤と併用する形でパーキンソン病治療に広く使用されていくものと考えられますが、てんかん治療とは用法や用量が異なるので、使用用途によって医師の処方に従うようにしてください。

副作用は?

エクセグラン錠の副作用として多いものに、眠気やふらつき、倦怠感、無気力、判断力低下、食欲不振、発汗減少などがあるそうです。

そして、発汗減少は徐々に減少していくようですが、夏に服用するときなどは熱中症に注意する必要があります。

スポンサーリンク

エクセグランの飲み合わせの注意点は?

エクセグランは、トリプタノールやアモキサン、ルジオミールなど三環系または四環系の抗うつ薬との併用により、副作用が強まる恐れがあるので注意が必要です。

そして、普通は少量から開始して効果や副作用をチェックしながら徐々に増量していくのですが、適量が決まったら、それ以降は血中濃度を常に保つ必要があるため、用法や用量はしっかりと守るようにしましょう。

それから、もしも医師の指示通りに飲み続けず、突然やめてしまったり、飲む量を変えたりすると、重いけいれん発作を起こす恐れもあるので、飲み忘れにも注意するようにしましょう。

エクセグラン錠を買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

エクセグラン錠は大日本住友製薬から1錠29.80円で販売されており、基本的に医師の処方がなければ国内での購入は難しい薬剤です。

そんな中、できるだけ安く購入したい、病院を受診するのも面倒くさい、という方のためにオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でエクセグラン錠のジェネリック「Zonisep」を購入する方法です。

そしてこちらでは、エクセグランのジェネリック25mgが50カプセル入って1箱あたり1,567円で購入でき、2箱だと2,414円、3箱だと3,214円になるそうなので、まとめ買いだとかなりお得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、エクセグランのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

エクセグランのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ