アナフラニールの効果と太るや眠気などの副作用!離脱症状も

アナフラニールは「クロミプラミン」という名前で販売されている非常に長い実績のある三環系の抗うつ剤です。

なので、アナフラニールの強迫性障害や夜尿症などへの効果と太る・眠気などの副作用、吐き気などの離脱症状についても知りたいのではないでしょうか。

それからアナフラニールを購入できる通販も気になりますよね。

そこで今回は、アナフラニールの効果と太るや眠気などの副作用、また、離脱症状などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アナフラニールの効果や副作用は?

アナフラニールは、三環系抗うつ剤といって、様々な薬の中でも最も古いタイプの抗うつ剤で、最近ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)といった新しいタイプがメジャーですよね。

ただ、昔から使われているだけあって実績も確かで、効果も強いので、新しい抗うつ剤の効果が不十分なケースを中心に現在でも使われています。

そして、アナフラニールはセロトニンとノルアドレナリンの両方を増加させるよう作用するため、気分の向上や意欲の改善の両方の効果が期待できます。

その中でもアナフラニールはセロトニンを特に優位に増加させるため、抗鬱効果、抗不安効果のほか、強迫性障害に有効です。

これによって落ち込みや不安を鎮め、不眠にも効果があるので、夜尿症の改善にも有効だそうです。

それから、アナフラニールに特徴的なこととしては、点滴ができることがあり、うつ状態がひどくて入院した場合は有効な治療手段の一つになるようです。

このように、利便性の高いアナフラニールですが、抗うつ剤の中では副作用がとても多く、抗コリン作用や抗ヒスタミン作用も強く、便秘・口の渇き・ふらつき・体重増加(太る)・性機能障害などが知られています。

それから、不眠への効果を期待して服用するものなので当然ですが、眠気も現れるので、服用後の運転は避けた方が良いでしょう。

こうした副作用があまりにひどく、生活に支障をきたすようであれば早めに医師に相談して、別の薬に替えるなどすると良いでしょう。

スポンサーリンク

アナフラニールの離脱症状について

アナフラニールは服用すると1.5~4時間ほどで血中濃度が最高値になり、そこから徐々に血中濃度が低下していき、21時間前後で血中濃度が半減するので、体から薬が出ていくのは遅い薬ということが分かります。

そのため、1日1回の服用でも効果は十分に期待できますが、副作用のリスクを考えて何回かに分けて服用することが多く、常に体内に薬が残っている状態が続くので、突然やめたときには離脱症状が現れやすいことも注意しなければなりません。

例えば、吐き気やめまい、ふらつき、強迫観念といった症状が離脱症状として現れるので、服用途中にやめたいと思っても、突然止めずに徐々に減らしていくようにしましょう。

アナフラニールを買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

アナフラニールは昔からある薬なので薬価も高くなく、比較的購入しやすい薬ですが、国内では医師の処方がなければ購入はできません。

そんな中、常用しているのでわざわざ病院の受診が面倒くさい、薬価が高いのが気になるといった方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でアナフラニールのジェネリック「Clofranil」を購入する方法です。

そしてこちらでは、アナフラニールのジェネリック50mgが100錠入って1箱あたり3,747円でリーズナブルなんですが、2箱だと6,328円とまとめ買いをした方がさらにお買い得なんです。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、アナフラニールのジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

アナフラニールのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ