アリナミンFの成分や飲み方と効果・効能や副作用!市販薬も

疲れに効く薬といえばアリナミンですが、その中でもアリナミンFはビタミンB1の補給剤として処方されています。

なので、アリナミンF糖衣錠の成分や効果・効能や、副作用、飲み方のポイントで何錠くらい飲んだら良いかも知りたいのではないでしょうか。

それから、アリナミンFの市販薬なども気になりますよね。

そこで今回は、アリナミンFの成分や飲み方と効果・効能や副作用、また、市販薬についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アリナミンFの効果・効能は?副作用も

アリナミンFはビタミンB1補給剤で、ビタミンB1欠乏症を起こしている方や、著しく体力を消耗している方などに処方されます。

そして、アリナミンFは「アリナミンF糖衣錠」という名前の医薬品として処方されており、主成分はフルスルチアミン塩酸塩で、ビタミンB1の誘導体の一種です。

このビタミンB1の誘導体というのは天然のビタミンB1よりも体内で利用されやすく、神経機能障害を改善する作用、心筋の代謝を改善する作用、腸の運動を亢進する作用があるので、次のような症状に処方されます。

・ ビタミンB1欠乏症

末しょう神経痛、末梢神経麻痺、神経痛、筋肉痛、関節痛

・ 消化管障害

・ 心臓障害などの治療や予防

・ 食物からビタミンB1を必要充分に摂取できない状態にある人、妊産婦、授乳麩など、著しく体力を消耗している方など

・ ウェルニック脳症

・ 脚気衝心

副作用は?

アリナミンF糖衣錠は、ほとんど副作用は起こらないそうですが、吐き気、胃痛、胸焼け、胃部不快感、下痢などが現れることがあるそうです。

それから、過剰症状として発疹などのアレルギー症状が現れることがありますので、こうした症状が出た場合はすぐに使用をやめ、すぐに医師に報告するようにしましょう。

スポンサーリンク

アリナミンFの飲み方は?

アリナミンF糖衣錠はすべて錠剤での処方で、胃腸の副作用が現れないように、食後すぐの5分以内での服用が原則だそうです。

そして、通常、成人は1日1~4錠を1~4回に分けて飲むと良いのですが、詳しくは治療を受ける疾患や年齢によって異なるので、医師の処方に従うようにしてください。

アリナミンFの市販薬はある?買うなら個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」がオススメ!

アリナミンFの有効成分であるフルスルチアミンが含まれる市販薬としては、有名なアリナミンA、アリナミンEX、アリナミンEXプラスなど色々あり、フルスルチアミン自体も100mg配合されていますが、これらにはビタミンB1以外も含まれていますよね。

なので、フルスルチアミンだけをしっかり摂りたい!という方には個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で販売されている「アリナミンF(武田薬品)」がオススメです。

こちらは100錠入って1箱あたり2,277円、2箱で4,210円なので、まとめ買いをした方が少しお買い得ですね。

しかも、フルスルチアミンだけが1錠あたり50mg入っているので、ビタミンB1をしっかり摂りたい方にぴったりです。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、アリナミンFならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

アリナミンFをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ