アゴメラチンの統合失調症への効果と副作用や半減期!離脱症状も

第五世代の抗うつ薬で、従来薬とはまったく違う機序で治療効果が高いとされるのが、アゴメラチンです。

なので、アゴメラチンの統合失調症、眠気などへの効果や副作用、半減期についても知りたいのではないでしょうか。

それから、アゴメラチンの離脱症状についても気になりますよね。

そこで今回は、アゴメラチンの統合失調症への効果と副作用や半減期、また、離脱症状についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アゴメラチンの統合失調症への効果は?副作用も

従来の抗うつ薬の場合、うつ病の発症のメカニズムは「モノアミン仮説」(脳内のセロトニンが不足することで生じる)に基づいて考えられてきましたが、アゴメラチンはそうした常識を覆す新たな作用機序による抗うつ剤です。

そして、SSRE(選択的セロトニン再取り込み促進剤)・NDDI(ノルアドレナリン・ドーパミン脱抑制薬)と呼ばれる薬で、従来のSSRIと真逆で、セロトニンの再取り込みを促進し、シナプス間隙のセロトニン量を低下させるというものや、抑制的なセロトニン受容体を阻害し、伝達を強めるという機序によるものだそうです。

それから、こうした作用による効果はSSRIよりも優れ、さらに副作用が少ないことが報告されていますが、まだ新しい薬のため、今後次第では副作用が報告されることもあります。

そして、アゴメラチンは神経抑制性を持つ、一部のセロトニン受容体の機能を阻害することで、脳の神経系の機能を正常化するよう働きかけるタイプの薬なので、統合失調症や、強い睡眠障害などを改善する効果が認められているそうです。

スポンサーリンク

アゴメラチンの半減期は?離脱症状も

アゴメラチンの半減期は1~2時間と言われています。

そして、前述の通り、SSRIなどに比べて吐き気や不眠、体重増加、そして用量の減量時の離脱症状なども少ないとされています。

ただ、まだ安全性についてのデータの蓄積は少なく、長期使用の成績のない点なども考慮して慎重に使う必要があります。

アゴメラチンを買うならインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

アゴメラチンは国内では医師の処方が必要な薬なので、病院を受診して処方箋を書いてもらわない限り購入ができず、アマゾンや楽天でも薬事法の関係上、購入することはできません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でNoveltin社の「アゴメラチン」を購入する方法です。

こちらであれば、25mgが100錠入って1箱あたり3,822円なので、買いやすい値段ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

ただし、初めて使う方はかならず病院を受診し、用法や用量などを医師に相談してから使い始めるようにしてください。

というわけで、アゴメラチンならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね。

アゴメラチンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ