アキネトンの統合失調症等への効果と副作用や半減期!離脱症状も

アキネトンは、向精神薬投与によるパーキンソン病などの症状を改善するための医薬品です。

なので、アキネトン錠の統合失調症などへの効果と半減期、タスモリンとの違い、セレネースの併用、眠気や多幸感などの副作用についても知りたいのではないでしょうか。

それから、アキネトンの注射や細粒など剤型も気になりますよね。

そこで今回は、アキネトンの統合失調症等への効果と副作用や半減期、また、離脱症状などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アキネトンの効果や副作用は?

アキネトンは、1964年に国内で発売が開始された抗パーキンソン剤で、抗精神薬や安定剤、抗うつ剤を服用している場合に副作用として生じる筋肉の硬直や体のこわばり、手の震えなどの症状を改善する効果や、予防、改善薬として精神科領域で使用されています。

そして、使用タイプには錠剤と細粒、注射の3タイプがあり、ジェネリック医薬品にタスモリンがあるそうです。

そのため、セレネースやコントミン、ヒルナミンといった抗精神薬を服用している場合に、併用のために処方されることが多いようです。

また、手の震えや座ったままじっとしていられない、そわそわと動き回る等の症状は統合失調症などに使われる薬の副作用に多いそうなので、アキネトンが処方され、これらの症状を抑えることができるそうです。

それから、アキネトンは半減期が18.4時間と長いことが特徴なので、症状にもよりますが、1日1回の服用で問題ないことが多いので、効果が持続するように毎日同じ時間に服薬するようにしましょう。

アキネトンの副作用は?

アキネトンは抗コリン性の医薬品のため、副作用としては特に眠気が現れることが多く、調節障害及び注意力・集中力・反射機能などの低下が起こるため、本剤を投与中は自動車の運転などは控える必要があります。

それから、吐き気、口の渇き、便秘なども多く、稀に多幸感などが生じる場合もあるようですね。

スポンサーリンク

アキネトンの離脱症状などについて

アキネトンは比較的古いタイプの薬で、依存性も軽くはないので、突然服薬をやめたり、減薬をしたりすると、不安や不眠、頭痛や嘔吐などの症状が現れることがあるため、注意が必要です。

そのため、自己判断はせず、減らしたい場合ややめたい場合は事前に必ず医師に相談するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アキネトンの統合失調症等への効果と副作用や半減期、また、離脱症状などについても詳しくお伝えしました。

アキネトンは抗精神病薬や抗統合失調薬を使用している方に現れることの多い筋肉の硬直や体のこわばり、手の震え、じっとしていられないといった症状を改善、または予防することのできる薬で、セレネースと併用されることが多く、ジェネリック医薬品にタスモリンなどがあるのでしたね。

そして、副作用としては抗コリン性なので口の渇きや眠気が多く、突然止めたり減量したりすると、吐き気などの離脱症状が現れることが多いため、必ず医師の指示通りに使う必要があるとのことでした。

それから、この薬は医師の処方が必要な医薬品なので、必要なときは先ずは病院を受診して、医師に相談してくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ