セントジョーンズワートの効果時間と副作用!飲むタイミングも

セントジョーンズワートは、米国ではサンシャインサプリメントと呼ばれ、軽度から中度の鬱病や更年期障害などへの効果が認められているそうです。

なので、セントジョーンズワートのうつや不眠などへの効果や効果時間と即効性、眠気などの副作用、飲み方のポイントとして飲むタイミングや摂取量、飲み合わせのポイントについて知りたいのではないでしょうか。

それから、セントジョーンズワートを使った方の口コミや、DHCとの比較も気になりますよね。

そこで今回は、セントジョーンズワートの効果時間と副作用、また、飲むタイミングなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

セントジョーンズワートの効果と効能は?副作用も

セントジョーンズワートは正式な学名をハイペイカム・パーフォラタムといって、良く知られた野草の一種で、花びらの端に黒い点のついた黄色い明るい花を咲かせるそうです。

そして、この花をこすると赤い色素が出てくるのですが、この色素に薬理学的な活性を持ったヒペリシンやハイパーフォリンという成分が含まれており、これらがセントジョーンズワートのサプリの有効成分となっています。

それから、セントジョーンズワートは脳内の神経細胞が分泌するドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどのうち、セロトニンを増加させる働きがあるため、セロトニン欠乏症で生じるうつ病やうつ症状を改善することができ、うつによる不眠などにも効能があり、睡眠薬として服用することもできます。

また、更年期障害、自律神経失調症、ストレスの緩和、頭痛緩和、ダイエット時のイライラ感などへの効果も認められているそうです。

さらに、スポーツをしすぎたときの筋肉の損傷や神経の損傷にも良いとされており、傷の回復にも良いそうですよ。

副作用は?

セントジョーンズワートはハーブの一種なので、医薬品と違って目立った副作用はあまりないのですが、ハーブティーとして利用した場合、胃腸の調子が悪くなったり、めまいや意識混濁が起こることもあるそうです。

そして、倦怠感や鎮静作用も働き、これは効能の一つでもあるのですが、眠気が生じるので、服用後の運転は控えた方が良いようです。

スポンサーリンク

セントジョーンズワートサプリの飲み方は?タイミングや摂取量など

こうしたセントジョーンズワートは海外では医薬品やリラックスのために使われていますが、日本ではまだメジャーではなく、ハーブティーやハーブオイルとして、一部取り入れている方がいるようですね。

そして、専門的なところや栽培をしているようなところであれば生のハーブティーも楽しめるのですが、なかなかそうもいかないのではないでしょうか。

そのため、セントジョーンズワートは、サプリとして摂るのが便利で、サプリの場合は日本人の適正な摂取量は1日90mgといわれているので、その範囲内で1日1~3回、飲むと良いとされています。

それから、副作用の胃痛を避けるためにも、飲むタイミングとしては食間にすると良いようです。

また、セントジョーンズワートは服用し始めてから効き目がでるまで4週間程かかるので即効性はないですし、体内のセントジョーンズワートの濃度はいつも一定にしておく必要があるものの、効果時間が半日と満たないため、できれば3回程に分けて服用することをオススメします。

ただ、セントジョーンズワートには筋肉を収縮させる効果があるため、妊娠中に飲むと流産する可能性を高めることから禁忌と言われていますし、授乳中にもセントジョーンズワートの成分が赤ちゃんに行き、昏睡や無気力等の諸症状が出るとされています。

その他にも、飲み合わせをすると、相互作用が生じて危険が現れる薬が多いため、次の通り、危険なものをチェックしておきましょう。

・ 気管支拡張剤

セントジョーンズワートは気管支拡張剤と併用すると、効果を半減させてしまい、窒息や病気の改善を遅らせる等の恐れがあるため、併用をしてはいけません。

・ ピル

ピルは女性ホルモンの量を増やして避妊する効果のある薬ですが、セントジョーンズワートの効果によりホルモンが早く体外に出されてしまうと、避妊効果が薄れてしまうので、併用してはいけません。

・ 精神薬

セントジョーンズワートと精神薬を一緒に摂ると、精神薬の効果を半減させたり、逆に強く出す可能性もあり、併用はオススメできません。

そのほかにも、病院からの処方薬がある場合には必ず医師に相談してから併用した方が安全ですし、お酒についても効果が半減したり、酔いが強く出ることもあるので、セントジョーンズワートを摂っている間はお酒は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

セントジョーンズワートを使った方の口コミまとめ!

それでは、セントジョーンズワートを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

・ 口コミ1

眠気も無く気持ちが落ち着きます。

しかしながらピルと併用出来ないのが痛い所で、開始して数日で泣く泣く服用を中止しました。

それさえ無ければ使い続けていきたかったです。

・ 口コミ2

最近、気分の落ち込みが激しく、日常生活に支障をきたし始めていてなんとか辛い毎日を乗り切る方法はないかと、調べていてたどり着いたのが、セントジョーンズワートでした。

薬草とのことで飲むのにも抵抗がなかったですし、これを飲むとフラットな状態で、仕事も家事も遊びも前のようにできるようになりました。

わたしのように悩んでいる方にオススメです。

・ 口コミ3

もうかれこれ半年以上続けていますが、これなしでは頑張れない…というくらい、個人的には欠かせません。

以前は仕事で落ち込むことが多く、精神的な疲労が慢性的にありましたが、とても前向きになりました。

失敗しても、クヨクヨと考えなくなったというか、切り替えが出来るようになりましたね。

・ 口コミ4

朝からの意欲向上に適しているサプリメントです。

サインバルタを減薬したい時に、代替品として使っております。

私は朝1から2錠飲むとイキイキ頑張れます。

・ 口コミ5

すごく良いです。これを飲むまで少し心の中がネガティブだったのですが少しずつ物事をポジティブに考えられるようになりました。

というかちゃんと元の自分の考え方に戻れた気がします。

これからも飲み続けたいと思います。

(出典:オオサカ堂)

いかがでしたでしょうか?

常備薬として重宝している方が多く、気軽に使えて気分の向上など確かな効果を実感できているようですね。

そして、サインバルタなど他の抗うつ剤などの減薬時に利用するのも有効のようなので、試してみてくださいね。

セントジョーンズワートのおすすめサプリは?DHCなど

セントジョーンズワートのサプリは徐々に国内でも認知度を上げてきており、有名なのはDHCのセントジョーンズワートサプリですよね。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

そして、こちらはセントジョーンズワートエキスが1日分4粒あたり650mgで1袋に80粒入って20日分あたり688円なので、1日34円という計算になります。

一方、さらにお買い得に買えるのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入できるSwanson社の「セントジョーンズワート375mg120錠」です。

こちらは、1本あたり1,128円で、1日1錠で充分に効果を実感できるとのことなので、1日あたり9.4円ということになりますし、2本購入すると2,256円、3本で3,008円とまとめ買いをした方がお買い得になるのでオススメです。

ちなみに、650mgあたりの価格も18.8円なので、DHCよりお得で嬉しいですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、先ほど紹介した口コミもオオサカ堂で購入した方のものなので、無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、セントジョーンズワートのサプリならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

セントジョーンズワートのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ