グランダキシン錠の効果とめまいや眠気等の副作用!離脱症状も

グランダキシンは、自律神経失調症など、精神疾患によく使われる薬の一種です。

なので、グランダキシン錠の更年期や汗などへの効果・効能や、めまい、眠気などの副作用、依存性やデパスとの違い、離脱症状や飲み方や飲み合わせについても知りたいのではないでしょうか。

それから、グランダキシン錠は通販で購入できるのかも気になりますよね。

そこで今回は、グランダキシン錠の効果とめまいや眠気等の副作用、また、離脱症状についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

グランダキシン錠の効果や副作用は?

自律神経失調を起こすと、頭痛やめまい、動悸などの症状が起こるのですが、こうした症状に効き目があるのがグランダキシン錠で、薬の分類的にはベンゾジアゼピン系の抗不安薬と同じとされています。

なので、心療内科を受診すると、不安薬としても処方される場合があるそうです。

それから、同じ自律神経系の更年期障害にも効果があるので、汗(ホットフラッシュ)なども改善することができるそうです。

グランダキシンの副作用は?

グランダキシンは効き目が穏やかで安全性の高い薬とされているので、精神安定薬のデパスなどに比べると効き目はだいぶ劣りますが、その分副作用が少ないとされています。

ですが、副作用は少なからずあり、具体的には眠気やめまい、口の渇きや吐き気、食欲不振や便秘などが多いそうです。

そして、他の抗不安薬と同様、依存性はあるものの、極めて低いとされており、医師の指示に従って服用をしていれば起こることはほとんどないとされています。

スポンサーリンク

グランダキシン錠の飲み方のポイントは?

グランダキシンは最高血中濃度への到達時間が1時間、半減期が0.5時間で、効果時間は2~6時間ほどと短時間型の不安薬です。

そして、血中濃度の半減期も0.5時間と非常に早く、12時間もすると完全に体から抜けきってしまいます。

そのため、効き目は早いですが、効果は薄いため、効かないと感じる場合もあるようですね。

しかし、効果を実感できた場合は1時間程で効き目が現れるので、効いてほしいタイミングで飲めば良いということになります。

それから、用量は50~150mgとなっていて、1日の最大摂取量は150mgとされています。

そして、1日50mgを1日3回に分けて飲むというのが通常ですが、個々の症状によって異なるので医師に従うようにし、自己判断で途中で服用を止めたり、服用量を減らしたりといったことをしてはいけません。

こうしたことをすると、離脱症状といって不安障害などが起きる可能性があるため、気をつけてくださいね。

飲み合わせの注意点は?

グランダキシンは、免疫抑制薬のタクロリムスの血中濃度を上昇させる恐れがあるので、併用を禁止されています。

そして、別の安定薬や抗うつ剤など精神安定系の薬と併用すると強く効きすぎたり、効果が半減する場合があるので、使用する場合は必ず医師に伝えてからにしましょう。

それから、アルコールを併用すると副作用が強まる恐れがあるので、控えてくださいね。

グランダキシン錠を買うなら個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」がオススメ!

グランダキシン錠は医師の処方が必要な薬なので、病院を受診して処方箋を書いてもらわない限り購入ができず、アマゾンや楽天でも販売はされていません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でグランダキシンのジェネリック(Toficalm)を購入する方法です。

こちらであれば、50mgが100錠入って1箱あたり2,902円で、2箱買うと5,277円になるそうなので、まとめ買いをした方がお買い得ですね。

そして、100mgタイプも選べるようになっているので、必要に応じて選択してくださいね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わりますよ。

というわけで、グランダキシン錠のジェネリックならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

グランダキシン錠のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ