モノベンゾンクリームの使い方や効果と副作用!顔や陰部には?

モノベンゾンクリームは、皮膚の漂白に使うクリーム状の外用薬で、皮膚科で処方される時には尋常性白班の症状に使用されることが多いようです。

なので、モノベンゾンクリームの効果や副作用、乳首などへの使い方のポイント、顔や陰部には使えるのか、効果の経過についても知りたいのではないでしょうか。

それから、モノベンゾンクリームを使った方の口コミや、購入できる通販も気になりますよね。

そこで今回は、モノベンゾンクリームの使い方や効果と副作用、また、顔や陰部には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

モノベンゾンクリームの効果や副作用は?

モノベンゾンクリームは、モノベンゾンを有効成分として配合しており、メラニンの生成を抑えてメラニン色素を破壊し、脱色する効果がある外用薬で、同じ成分の先発薬ベノクインクリームのジェネリック医薬品にあたるそうです。

そして、皮膚科では主に、尋常性白班という皮膚の色が一部抜けて部分的に白い皮膚になる症状に処方され、まだら状になった皮膚で、白くならずに残った部分を脱色し、色を均一にさせる効果としてモノベンゾンクリームが有効なのだそうです。

それから、尋常性白班は原因不明で成人では生涯完治不可能と言われている病気ですが、モノベンゾンクリームを使うことによって正常な部分の色素も脱色することで、白班部分を目立たなくさせることができます。

ただ、その後の皮膚は敏感になるので、日光に当たる時には日焼け止めを塗って保護するなど、ケアが重要になります。

こうしたモノベンゾンクリームの作用は不可逆的なものとも捉えることができ、いったん脱色した部分は元には戻らないという注意点があるため、美容目的で処方されることがないので、個人輸入などで購入して使う場合にも、顔や体の露出する部分への使用はオススメできません。

それから、色素性母斑、カフェオレ斑点、悪性黒色腫、メラニン色素以外(胆汁、銀、人口色素など)への色素沈着には効果が見られないので、注意しましょう。

そのため、アトピーの跡や虫さされの跡など、体の中で露出することのない部分で気になる色素沈着に対して使うのであれば問題ないでしょう。

また、乳首の黒ずみが気になって使う方もいるようですが、モノベンゾンクリームは色素を脱色する作用があるので、乳首が白くなってしまい、理想的な変化は得られないと思いますし、顔や陰部など皮膚が薄く、敏感な部位への使用は控えるようにしましょう。

副作用は?

モノベンゾンクリームには特に重大な副作用の報告はないようですが、稀に、

・ 灼熱感を感じる

・ 炎症が起こる

・ かゆくなったり、赤みがでる

といった症状が現れているようなので、副作用がひどいようだったら使用を一度止めるようにしましょう。

また、繰り返しになりますが、モノベンゾンクリームは一度色素を脱色すると元に戻ることはないので、ハイドロキノンなどの美白剤などと混合しないよう、注意しながら使う必要があります。

それから、ハイドロキノンと併用すると、急性皮膚炎などの傷害を起こす可能性があるので、併用は禁忌とされています。

スポンサーリンク

モノベンゾンクリームの使い方は?

モノベンゾンクリームは、1日に2~3回、白くしたい部分に塗り込み、期待する効果が現れるまで続けましょう。

そして、効果が得られた後は、必要に応じて一週間に一度くらいまでなら使用が可能だそうです。

それから、効果が出るまでは1ヶ月から4ヶ月程度とされていて、通常だと塗り始めてから2ヶ月ほどで脱色が始まりますが、一度にキレイに白くなるわけではなく、経過中はまだらに感じますが、継続して利用していくと、最終的には2年以内に90%の人に脱色効果が見られるそうです。

モノベンゾンクリームの口コミまとめ!

それでは、モノベンゾンクリームを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

・ 口コミ1

首と背中と腕と乳首にアトピーの痕があり、顔とお腹と肘と腿に扁平母斑という生まれつきの茶色い痣があります。さらに傷跡が残りやすく、日焼けもしやすい体質です。

元々は色白な方で、シミが目立ちやすくて人に指摘されたりと気にしていました。

レーザー治療も考えましたが、範囲が広いので金銭的にも無理だし諦めていました。

ハイドロキノンを試したこともありましたが、効果はあまりわからず…。

モノベンゾンを知って、こちらに辿り着いたら思いの外、安かったの試しに3本購入しました。範囲が広いのですが、部分によって薄めたりして1ヶ月に1本くらいのペースでなくなりました。

顔は肌が弱いのでかぶれてしまったため、始めの数週間はお休みして、体が慣れてきた頃に再び使ってみたら大丈夫でした。体調によってかぶれるので様子を見ながら使っています。

劇的な変化はありませんが、明らかに日焼けしていたところは白くなってきました。

・ 口コミ2

ハイドロキノンは合わない体質(自黒のアトピー)で、こちらのクリームを使用して半年ですが、綺麗に白くなりました。

乳首に使用したんですが、黒い乳首が明るくなってきました。

しかしおおざっぱに塗っていたので、乳首の周りが白くなってしまいまたこれから半年かけて修正しようと思います。

2本目購入です。

・ 口コミ3

肌を白くしたいので、購入しました。

始めは、ピリピリ感が酷く痛かったのですが、化粧水を塗り、クリームを塗った後に少しづつ顔全体に薄く塗ったトコロ、ピリピリ感が減少しました。

使用して一ヶ月がたち、時間はかかりますが、今では肌がワントーン白くなりました。

・ 口コミ4

届いたばかりで、使用二日目ですが、ワキの黒ずみに変化が。

どうしようもなかった色素沈着がすぐに薄くなりました。

効果が出るのはまだ早いと思いますが、期待をこめて星5つにしました。

また、肌への刺激ですが、私は胸、ワキ、ビキニラインに使用していますが、ほんの少し熱さを感じる程度で、なんとも無かったです。

ビキニラインの粘膜には塗っていないので、分かりませんが。

結構擦り込んでいるので、1ヶ月持たないと思います。

・ 口コミ5

白班治療のために購入しました。

まだ、1本の半分をしようしている感じですが、肌の色が段々と薄くなりましたのでリピートします。

このまま、全ての肌が白班の部分のように真っ白になってくれたら最高です。

(出典:オオサカ堂)

いかがでしたでしょうか?

白班目的以外にも、体の色素沈着や乳首の美白にも使っている方がいて、何本かリピートしないと足りないようですが、着実に効果は出るようでした。

モノベンゾンクリームを買うなら個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

モノベンゾンクリームは、海外製の医薬品で、国内の皮膚科でも処方してもらえないですし、インターネットの大手通販である楽天やAmazonでも薬事法の関係で手に入れることはできません。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でモノベンゾンクリームを購入する方法です。

こちらなら、濃度20%のものが20gで1本あたり2,333円で、2本だと3,526円、3本だと4,721円といったようにまとめ買いをすればお買い得なので、長く使うことを考えても買いやすいのではないでしょうか。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、先ほど紹介した口コミもオオサカ堂で購入したものなので、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、モノベンゾンクリームならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

モノベンゾンクリームをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ