ミルバソゲルの使い方や効果と副作用!赤面症や酒さには効く?

肌の赤みなど、赤面症に悩んでいる方への処方薬として米国で使用されるのがミルバソゲルという医薬品です。

なので、ミルバソゲルのニキビや赤面症、酒さ、ニキビ跡への効果や、ステロイド、リバウンドの可能性や副作用、効かない場合や、使い方でトレチノインとの関係などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ミルバソゲルを購入できる販売場所としてAmazonなども気になりますよね。

そこで今回は、ミルバソゲルの使い方や効果と副作用、また、赤面症や酒さには効くのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ミルバソゲルの効果や副作用は?

ニキビを繰り返していたり、アトピーやアレルギー性皮膚炎にかかってステロイドを使った結果、赤ら顔や酒さの症状を患っている方に効果があるのが、今回ご紹介するミルバソゲルです。

ミルバソゲルは、2013年にアメリカで認可発売された酒さ用の薬で、日本ではまだ使うことができませんが、個人輸入で購入する形で使う方が増えています。

例えば、ステロイドでなくても、シミ改善目的でトレチノインなどを使った結果、肌のバリア機能が低下し、赤ら顔になってしまった方にも有効です。

ミルバソゲルは有効成分としてブリモニジンが配合されており、選択的アドレナリンアルファ2受容体作動薬となり、血管を収縮させることで、肌の赤みを改善する効果を発揮するそうです。

ただ、根本的な治療薬ではなく、一時的に赤みを抑える効果しかないので、使わなくなると、以前よりも強い赤みがでたりとリバウンドの症状が生じるので、基本的には自分の肌質の効果持続時間を把握し、効き目が切れる前に塗り直す必要があります。

効かない場合もある?

ミルバソゲルは赤み、炎症を抑える薬として現行のどんな医薬品よりも確かな効果があるとされているので、効かないということはほとんどないそうです。

しかし、前述の通り、根本的な解決につながるわけではないので、改善されたと思い使用をやめると、また症状が出てしまうことがほとんどなので、それによって効かないと感じる方がいるのではないでしょうか。

副作用は?

ミルバソゲルは、それほど副作用の多い製品ではないですが、一部の方から紅班、そう痒、潮紅、肌の灼熱感などが報告されているそうなので、異常を感じた場合はただちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。

スポンサーリンク

ミルバソゲルの使い方のポイントは?

ミルバソゲルは、前述の通り、効果の持続時間を把握して、効果が切れる前に塗り直すようにし、適量を患部に塗り込むこととされています。

そして、保存時には直射日光の当たらない涼しい場所に保管するようにしましょう。

ちなみに、効果の持続時間は平均的にいって8時間ほどだそうです。

ミルバソゲルはAmazonで購入できる?オススメの通販も

ミルバソゲルは米国製の医薬品で国内では認可も下りていないので、皮膚科を受診しても処方してもらえることはなく、Amazonなどの大手通販サイトでも薬事法の関係で購入することができません。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で購入する方法です。

オオサカ堂の場合、ミルバソゲルが30g入って1本あたり8,960円と非常に高価ですが、2本だと17,163円、3本だと25,275円とまとめ買いをすれば多少安くなるのでオススメです。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミを参照すれば、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、ミルバソゲルならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

ミルバソゲルをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ