パントテン酸の飲み方や効果と副作用!ニキビの悪化の原因も

パントテン酸は、水に溶ける性質を持った水溶性ビタミンの一種で、様々な炎症に有効な成分とされています。

なので、パントテン酸とは何か、ニキビやアトピー、毛穴などへの効果や、パントテン酸欠乏症、使われている食品や、副作用、ニキビ悪化の原因などについて知りたいのではないでしょうか。

それから、パントテン酸の飲み方と購入できる販売場所としてAmazonなども気になりますよね。

そこで今回は、パントテン酸の飲み方や効果と副作用、また、ニキビの悪化の原因についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

パントテン酸とは?効果や欠乏症についても

出典:健康とサプリメントの総合サイトHP

パントテン酸とは、水に溶ける性質を持った水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB1やビタミンB2と同じビタミンB群の仲間でもあり、かつてはビタミンB5と呼ばれていたそうです。

そして、パントテンというのはギリシャ語の「どこにでも存在する」という言葉に由来し、脂質・糖質・タンパク質からエネルギーを作り出すために必要不可欠な栄養素で、様々な食品に含まれています。

特に含有量が多い食べ物としては、鶏・豚・牛のレバー、フォアグラ、からすみ、ニジマス、たらこ、卵黄といった動物性食品や、植物性食品としては納豆や干ししいたけが多いそうです。

そして、これらの成分にはわずかずつしか含まれていないものの、普通の食生活を送っていればパントテン酸が不足することはまずないそうですし、そもそも腸内で生成されるため、特に意識していなくても大半の人が必要量を満たしているそうです。

ただし、抗生物質を長期間服用している方は、腸内で生成することができず、不足してしまったり、カフェインとアルコールはパントテン酸の摂取を阻害するため、嗜好品としてこうしたものを好む方はパントテン酸を意識して摂らなければなりません。

こうしたパントテン酸は、江崎グリコ株式会社のHPに、日本人の食事摂取基準として記載されています。

出典:グリコHP

そして、次のような効果・効能を持つとされています。

1、 脂肪を代謝させる補酵素の働き

パントテン酸は脂質、糖質、タンパク質からエネルギーを作り出すため必要不可欠な栄養素で、中でも脂肪を代謝させる際には欠かせない補酵素のため、パントテン酸が不足すると脂肪が溜まりやすい体になり、太りやすくなってしまいます。

2、 抗ストレスホルモンの合成サポート

パントテン酸は様々な酵素の働きを正常に維持する作用がありますが、その中でも抗ストレスホルモンの合成をサポートし、ホルモンがスムーズに合成されるように促すことで、ストレスへの抵抗力を高める効果があります。

そのため、アトピー性皮膚炎の治療としてパントテン酸を摂取する場合もあるようです。

3、 免疫抗体の合成をサポート

パントテン酸は免疫抗体の合成をサポートする働きも持つため、細菌やウイルスに対する抵抗力が高まって、様々な病気を防ぐことができます。

特に効果的なのは、悪玉コレステロールが原因で起こる動脈硬化の予防だそうです。

パントテン酸欠乏症とは?

前述のような薬の習慣や嗜好品などが原因となってパントテン酸が不足し、パントテン酸欠乏症を起こすと、次のような症状が起こるそうです。

・ 免疫力、抵抗力の低下

パントテン酸は細菌や病原菌から私達の体を守る抗体の合成をサポートしているため、不足すると風邪をはじめ様々な病気にかかりやすくなります。

・ ストレスによる体調不良

パントテン酸不足によりストレスに対する抵抗力が弱まることも分かっているため、体調不良を起こします。

・ 動脈硬化

パントテン酸は善玉コレステロールを増やし、血液中の老廃物や悪玉コレステロールを除去して、健康な血管を保つ働きがあるのですが、パントテン酸が不足することによって悪玉コレステロールが体内の血管のあちこちに付着して、血管を酸化させて柔軟性を奪い、動脈硬化のリスクを高めるそうです。

・ 毛髪、その他

パントテン酸はタンパク質の代謝に大きく関係しているもので、もし不足すると体内のタンパク質が不足気味になり、毛髪の艶がなくなったり、白髪や赤茶けた髪が増えることがあるそうです。

その他、足のしびれなども起こる可能性があります。

スポンサーリンク

パントテン酸の飲み方のポイント!副作用やニキビの悪化の原因は?

パントテン酸はサプリとして販売されているので、1日の摂取量を約5mgとし、その範囲内で摂取しましょう。

そして、次のような別の成分と一緒に摂ると、それぞれ次のような効果が期待できるそうです。

・ 乳酸菌

パントテン酸は、ストレスや過剰な皮脂分泌によってできるニキビの改善に対しても、ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの働きを促進することで有効と言われています。

それに加えて、ニキビは腸内環境の不調でも起きやすいので、腸内環境を改善する効果のある乳酸菌サプリと一緒に摂るとより効果が高まるそうです。

ただし、副腎皮質ホルモンの働きが活発になると男性ホルモンも促進させるため、人によっては皮脂がかえって過剰分泌されることもあり、毛穴が詰まったり、ニキビが悪化することもあるそうです。

・ ビオチン

パントテン酸と同じビタミンB群の一種であるビオチンは、同じように肌や髪の健康に関わる成分とのことなので、組み合わせて飲むとより高い効果が期待できるそうです。

副作用は?

パントテン酸は、ビタミンの一種なので、副作用はないのですが、ネット上では

・ 抜け毛

・ 腹痛

・ 乾燥レベルが上がると髪がパサつく

などの報告があがっているそうです。

それから、パントテン酸は理論的に言って皮脂抑制効果があるので、ニキビ改善効果があると言われていますが、医学的にニキビ治療として認められたわけではありません。

そのため、前述の通りかえってニキビが悪化することなどもあるため、改善の兆しが見えず、悪化するようなことがあれば、早めに摂取を中止し、医師に相談してくださいね。

スポンサーリンク

パントテン酸を購入するなら個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」がオススメ!

パントテン酸のサプリは、インターネットの大手通販Amazonや楽天などでも販売されているのかチェックしてみたところ、Amazonでは在庫売り切れになっており、楽天では次のような価格で販売中でした。

出典:楽天HP

こうして見ると比較的安価に見えますが、タイムリリース型といって、腸内まで届いてからしっかり効果を発揮するよう加工されているサプリでないと、ほとんど具体的な効果は発揮しないので、注意が必要です。

そこで、楽天での価格よりさらに安く、良い品質のものを買いたい!という方にオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でSwanson社の「パントテン酸」500mg250錠を購入する方法です。

こちらであれば、ばっちりタイムリリース加工されていますし、1本あたり最安値が2,375円で、2本だと4,989円、3本だと6,912円になって、まとめ買いをすればかなりお買い得になりますし、楽天より安いですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業20年の実績がありますし、口コミを参照すれば、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、パントテン酸ならオオサカ堂で購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

パントテン酸をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ