ダラシンtローション1%の使い方や効果と副作用!市販は?

ダラシンtローションは、様々な菌に効く抗菌性の抗生物質の一種で、ローションタイプのお薬です。

なので、ダラシンtローションのニキビやニキビ跡への効果やしみるなどの副作用、効かない場合、頭皮への使い方で化粧水などや、妊娠中の利用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ダラシンtローション1%を購入する場合、市販で買えるのか、通販や皮膚科での処方などについても気になりますよね。

そこで今回は、ダラシンtローション1%の使い方や効果と副作用、また、市販はあるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ダラシンtローションの効果と副作用は?

ダラシンtローションは、クリンダマイシンが主成分の抗生物質で、細菌がタンパク質を合成するのを防ぐ効果があることから、ニキビの原因であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌する効果があり、皮膚科で処方されるニキビ治療薬としては以前から人気がある薬の一つです。

そして、ダラシンにはゲルタイプとローションタイプがありますが、効果に大きな違いはなく、ローションタイプは伸びが良いですが乾燥してしまうので頭皮などに使うことが多く、一般的に処方されるのはゲルタイプの方が多いようです。

それから、でき始めの白ニキビから黄ニキビ、炎症を起こした赤ニキビ、背中などにできるマラセチア菌が原因のニキビにも効果がありますが、肌のターンオーバー作用はないので、ニキビ跡への効果はありません。

また、ダラシンtローションを使っても、アクネ菌でニキビになっている方には効果が低い場合があって、それは5~20%の確率で耐性菌がいるからだそうです。

そのため、ダラシンtローションを長期間使い続けているのに効果を感じない方は、皮膚科を受診して医師に相談する必要があります。

そして、無事に効果を発揮すれば、約1ヶ月ほどでニキビが半数近く減り、新たなニキビができにくくなっていくそうです。

ダラシンtローションの副作用は?

ダラシンtローションは、他のニキビの新薬と比較すると副作用が少ないのですが、ゼロではないので、一部の方にかゆみやかぶれ、赤みなどの副作用が報告されているそうです。

それ以外にはヒリヒリするような刺激感、乾燥したようなつっぱり感など、塗った時に刺激感を感じることもありますが、いずれにしても他の薬に比べれば少ないようです。

スポンサーリンク

ダラシンtローションの使い方のポイントは?市販はされている?

ダラシンtローションは1日2回、洗顔後や入浴後に患部に適量を塗布するだけでOKなのですが、乾燥する可能性があるので、保湿力のある化粧水で保湿をちゃんとしてから、ダラシンtローションを塗布するようにしましょう。

そして、頭皮にできるニキビにも有効なので、気になる部分に綿棒などを使って塗ると良いでしょう。

この時、顔や頭皮など、患部でない部分にまで全体的に広げてしまうと、皮膚に耐性菌ができてしまい、ダラシンtローションが効かなくなるので、あくまで患部にのみ塗布するようにしてください。

それから、ダラシンtローションは皮膚科の処方薬のみで、通販サイトや国内の薬局などで市販されている商品ではないので、必要なときは必ず病院を受診して医師に処方してもらってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ダラシンtローション1%の使い方や効果と副作用、また、市販はあるのかといったことなどについても詳しくお伝えしました。

ダラシンtローション1%は、抗生物質の一種で、抗菌作用が強く、様々な菌を殺菌することができるので、アクネ期やマラセチア菌など顔や体のニキビを改善し、次のニキビを予防する効果もあるのですが、耐性菌ができていると効かない場合もあるとのことでした。

そして、使い方のポイントとしては、ダラシンtローション1%は乾燥する可能性があるので化粧水で保湿をしながら顔や頭皮の患部にのみ塗り、周囲の皮膚にまで広げて使わないことが注意点としてありました。

それから、市販はされておらず、皮膚科の処方のみということなので、必要なときは病院を受診して医師に相談してくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ