ベトネベートN軟膏ASの強さと副作用!陰部や顔には使える?

ベトネベートN軟膏ASは、可能を伴う湿疹や皮膚炎の治療薬として、皮膚科でよく処方される薬です。

なので、ベトネベート軟膏のアトピーやニキビや虫刺され、やけどや水虫などへの効能や、ステロイドの強さ、リンデロンとの違い、赤ちゃんや妊婦、子供や顔、陰部にも使えるのかといったことが知りたいのではないでしょうか。

それから、ベトネベートN軟膏ASは市販されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、ベトネベートN軟膏ASの強さと副作用、また、陰部や顔には使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ベトネベートN軟膏ASの効果は?リンデロンとの違いも

ベトネベートN軟膏ASは、第一三共ヘルスケアから販売されている指定第二類医薬品の皮膚疾患治療薬です。

そして、ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイド成分が、湿疹やかぶれなどの皮膚の炎症に優れた効き目を発揮する軟膏薬で、抗菌作用を有する抗生物質フラジオマイシン硫酸塩を配合しているので、化膿している傷口などの患部にも使うことができます。

そのため、具体的には次のような症状に効果があります。

・ 化膿を伴う次の諸症状

湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫刺され、じんましん

・ 化膿性皮膚疾患

めんちょう、毛のう炎、やけど

このほかにも、皮膚の代謝をサポートして、免疫力を向上させることによって抗炎症作用、皮脂分泌抑制作用が得られるので、ニキビに関しても赤ニキビやニキビ跡の赤みにも効果的です。

ただし、ベトネベートN軟膏ASはステロイド軟膏薬なので、ステロイドにより炎症を抑制する作用がある反面、殺菌への免疫力を弱めてしまう性質があるので、殺菌やウイルスなどが繁殖しやすくなり、二次感染を発症させたり、悪化してしまうことがあります。

なので、具体的にはヘルペスや水虫などの症状にはベトネベートN軟膏ASの使用はオススメできません。

リンデロンVG軟膏との違いは?

リンデロンVG軟膏は、ベトネベートN軟膏ASと同じベタメタゾン吉草酸エステルを主成分にしている皮膚科の処方薬で、抗生物質としてはフラジオマイシン硫酸塩が配合されています。

それから、ステロイドの強さも同じなので、基本的な効果や働き、副作用も同じですが、皮膚科で医師に処方してもらわない限り購入することができません。

スポンサーリンク

ベトネベートN軟膏ASの使い方は?ステロイドの強さや副作用も

ベトネベートN軟膏ASは、洗顔や入浴後の清潔な肌の患部に、適量を薄く塗るだけで良く、大量に塗っても効果は高まらないですし、かえって副作用のリスクが高まるだけなので、こうした利用の仕方は控えるようにしましょう。

ベトネベートN軟膏ASのステロイドの強さは?副作用も

ベトネベートN軟膏ASのステロイドの強さは、1~5群まである中で、3群の「強い」にあたるので、刺激としては強い部類に入ることから、即効性は期待できますが、その分副作用のリスクもあります。

そして、具体的な副作用としては、皮膚萎縮(皮膚が白く薄くなり、静脈が透けて見える、てかてか光る、へこんだように見える、シワができる)といった症状が起きやすいとされています。

これはベトネベートN軟膏ASの長期の利用や、敏感肌、皮膚の中でも顔や耳、陰部などステロイドが浸透しやすいからなので、これらの部位への使用は医師から特別な指示がない限り控えるようにし、赤ちゃんや妊婦に関しても同様で、子供が使用する場合は腕や足など部位を限定的にするなど使用の制限があります。

そして、副作用にはそれ以外にも、赤ニキビや白ニキビができたり、うぶ毛が濃くなったり、細菌やウイルスが繁殖しやすくなったり、二次感染を発症したり、悪化するといった恐れがあるそうです。

スポンサーリンク

ベトネベートN軟膏ASは市販されている?

ベトネベートN軟膏ASは1,500円前後が相場で、一般的なドラッグストアで購入ができますが、第二類指定医薬品のため、登録販売者がいる店舗であれば購入が可能です。

ただ、ベトネベートN軟膏ASは市販薬の中でも最も強力なステロイド外用薬なので、使用にあたってはくれぐれも安全な範囲で使用してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ベトネベートN軟膏ASの強さと副作用、また、陰部や顔には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

ベトネベートN軟膏ASは、市販で販売されているステロイド軟膏薬で、抗生物質も含まれているので化膿している傷口部分にも使うことができ、炎症を鎮め、湿疹やあせも、じんましん、虫刺されなどの症状改善に効果的で、ニキビも赤ニキビやニキビ跡を改善することができるのでした。

そして、ステロイドの強さとしては3番目の強さで市販薬の中では最も最強なので、顔や陰部など皮膚が薄くデリケートな部分への使用は控え、大量に塗って皮膚萎縮などの副作用が起きないようにする必要があるのでした。

それから、第二類医薬品のため登録販売者がいるドラッグストアであれば購入可能ですが、安全な範囲でしっかり使うようにしましょう!

【Amazon.co.jp アソシエイト】


スポンサーリンク

このページの先頭へ