ロコイド軟膏の強さや効能と副作用!顔や陰部や唇には使える?

赤ちゃんのあせもなどに処方されるステロイド薬として有名なのがロコイド軟膏ですよね。

なので、ロコイド軟膏のステロイドの強さや、あせも以外にもニキビや虫刺され、やけどやおむつかぶれ、ヘルペスなどへの効果・効能や副作用、ロコイドクリームとの違い、副作用、妊婦や赤ちゃんへの使用、プロペトとの併用、顔や唇、まぶた、陰部への使用についても知りたいのではないでしょうか。

それから、ロコイド軟膏の市販薬は販売されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、ロコイド軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部や唇には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ロコイド軟膏の効能や副作用は?

ロコイド軟膏は鳥居薬品株式会社が製造しているステロイド軟膏で、皮膚炎や湿疹、かゆみ、傷跡など様々な症状へ効果があり、刺激が弱いことから赤ちゃんのアトピー性皮膚炎やあせも、虫刺され、おむつかぶれなどに処方されることの多い軟膏薬です。

そして、ヒドロコルチゾン酪酸エステルというステロイドが主成分となっており、皮膚に浸透することによってコルチゾルという皮膚から分泌される物質と同じ働きをし、収斂作用と抗炎症作用が働くことから、ニキビ跡の炎症や、ニキビの腫れ、赤ニキビなどを鎮静化する働きがあります。

それから、ロコイド軟膏のステロイドの強さは4群の「穏やか」にあたり、作用が弱いので、肌につけても刺激がなく、顔や赤ちゃんなどのデリケートな肌や、陰部など皮膚が薄い部位にも使用することができます。

また、ロコイドにはクリームがありますが、ロコイド軟膏の方がワセリンなどが含まれていて、テクスチャーは固いもののピンポイントで患部に塗るのに適していて、ロコイドクリームの方は伸びが良いので身体に使う時はこちらが処方されるそうです。

ちなみに、殺菌作用はないため、初期のニキビの改善や、ヘルペスなどウイルス性のもの、重度のやけどには効果はなく、オススメできません。

副作用は?

ロコイド軟膏は赤ちゃんにも使用できるくらいなので副作用のリスクは少ない薬ですが、人によっては刺激感や発疹、発赤などの症状を引きおこすことがあります。

そして、ロコイド軟膏を長期間、ずっと使用してしまうと、ステロイドが皮膚から吸収されてしまい、皮膚萎縮といってシミやシワ、静脈が浮き出る、顔が青白くなるなどの重篤の症状が出るため、用法や用量はしっかり守って使うようにしてください。

スポンサーリンク

ロコイド軟膏の使い方!顔や陰部や唇には使える?

ロコイド軟膏は1日1~2回、洗顔後や入浴後の清潔な肌の状態で、患部に適量を塗るようにすると良く、多めに塗っても効果は高まらず副作用のリスクが多くなるだけなので、あくまで適量にとどめてください。

そして、赤ちゃんへロコイド軟膏を処方する場合、医師がプロペトといって純度の高い白色ワセリンを一緒に処方するか、混合薬を処方することがあります。

これはロコイド軟膏によって乾燥しがちな肌を守ることが目的なので、赤ちゃんの肌にはとても良いことが多いですが、大人で脂性肌や混合肌の方が使うと、ニキビなどの副作用に繋がる場合があるので、気をつけてくださいね。

また、赤ちゃんや妊婦に対してロコイド軟膏は有効とされていますが、医師の処方がない限り使用は控え、顔の中でもまぶたや唇など、特に皮膚が薄い部分には使用をしないようにしましょう。

それから、ロコイド軟膏は市販薬として販売されていないため、必要な時は病院を受診して医師に処方してもらってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ロコイド軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部や唇には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

ロコイド軟膏は、炎症系の痒みなどに有効なステロイド軟膏薬ですが、作用が穏やかなので赤ちゃんや顔などにも使うことができ、あせもやおむつかぶれ、虫刺されやニキビなどの改善に効果的で、殺菌作用はないのでヘルペスには効かないということでした。

そして、市販薬はないので医師の処方で購入し、使用期間や用法、用量も指示通りにすると良く、プロペトとの混合薬の効果や注意点、赤ちゃんや妊婦に使う時の注意点もお伝えし、唇などには使用を控えるべきとのことでした。

ロコイド軟膏は上手に使うととても有効な薬ですので、安全な範囲で用法に従って使ってくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ