レダコート軟膏の強さや効能と副作用!顔や赤ちゃんに使える?

レダコート軟膏は炎症ややけどに対して効果的なステロイドの塗り薬で、ニキビなどにも効能があるとされています。

なので、レダコート軟膏のステロイドの強さや、あせもやヘルペスには効果はあるのか、副作用や、赤ちゃんや顔、唇や陰部への使用、ロコイドとの違いについても知りたいのではないでしょうか。

それから、レダコート軟膏は市販されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、レダコート軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や赤ちゃんに使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

レダコート軟膏の効能や副作用は?

レダコート軟膏は、アルフレッサファーマ株式会社が製造している炎症ややけどに対して効果的なステロイドの塗り薬で、有効成分トリアムシノロンアセトニドを主成分としているので、肌の免疫力を向上させ、皮膚の代謝を改善する効果があります。

そのため、ニキビ治療にも効果がありますが、殺菌作用はないため、初期ニキビには有効でなく、ヘルペスなどウイルス性の症状にも有効ではありません。

なので、あせもなど一般的な皮膚の炎症に対して処方されることが多いようです。

それから、レダコート軟膏にはその効き目の強さを表す数値として1~5群まであるのですが、レダコート軟膏は4群の「穏やか」に属しているため、作用が比較的弱く、他の強いステロイドと違って顔や陰部の症状にも使うことができます。

また、同じ強さのステロイド軟膏にロコイド軟膏があり、有効な症状や副作用なども同じなんですが、人によってはレダコート軟膏なら効くのにロコイド軟膏が効かない場合や、その逆もあるようなので、医師の処方に従って合うものを使うようにしましょう。

副作用は?

レダコート軟膏は外用薬のため、全身性の副作用は起きないのですが、局所的な副作用として、発疹や発赤、かゆみなどが挙げられており、長期に顔など皮膚が薄い部分に使ってしまうと、皮膚萎縮といって皮膚が薄くなり、血管が浮かび上がったり、シワがよるなどの重篤な副作用が起きることがあります。

そのため、用法や用量は守って慎重に使うようにしましょう。

スポンサーリンク

レダコート軟膏の使い方は?顔や赤ちゃんにも

レダコート軟膏は、1日2回、洗顔後や入浴後の清潔な肌の患部に適量を塗ると良く、多めに塗っても効果は高まるわけではなく副作用のリスクが大きくなるだけなので、微量を薄く塗るだけにしましょう。

そして、ニキビの場合は1週間、ニキビ跡は1ヶ月程度が目安と言われていますが、使用期間は自己判断で決めず、医師に処方された時の指示に従って使用し、その途中で自己判断で中止することも避けてください。

それから、赤ちゃんや顔、陰部などデリケートな肌にも使うことはできますが、医師から指示があった時に限るようにし、唇など特に皮膚が薄い部分への使用は避けるようにしましょう。

また、レダコート軟膏は市販薬として販売されていないので、必要な時は病院を受診して医師に処方してもらってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、レダコート軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や赤ちゃんに使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

レダコート軟膏は、ステロイド入り軟膏薬で、ステロイドの強さも穏やかで作用が弱いことから、赤ちゃんや顔などデリケートな皮膚にも使うことができ、皮膚の炎症やニキビの改善に効果があるとのことでしたが、ヘルペスなどウイルス性のものには有効ではなく、用法や用量を守って慎重に使わないと皮膚萎縮などの副作用が起きるのでしたね。

そのため、レダコート軟膏を使う時には、病院で医師に処方してもらい、その指示に従って用法や用量、期間を守って安全な範囲で使い、効き目や副作用に疑問があればロコイド軟膏に替えるなどして体質に合った物を使うようにしましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ