キンダベート軟膏の強さや効能と副作用!陰部や顔には使える?

キンダベート軟膏は、ステロイド配合の軟膏薬で、腫れやかゆみなど炎症系の湿疹に有効です。

なので、キンダベート軟膏のニキビや虫刺され、あせもややけど、おむつかぶれなどへの効果・効能や、ステロイドの強さ、副作用や、赤ちゃんや妊婦には使用して良いのか、顔や唇、まぶたへの使用についても知りたいのではないでしょうか。

それから、キンダベート軟膏は市販されているかも気になりますよね。

そこで今回は、キンダベート軟膏の強さや効能と副作用、また、陰部や顔には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

キンダベート軟膏の効能や副作用は?

キンダベート軟膏は、ステロイド外用剤で、発赤、腫れ、かゆみなど炎症系の湿疹に有効なので、通常はアトピー性皮膚炎や顔面、頸部、わきの下、陰部のあせもや軽度のやけど、おむつかぶれや虫刺されに効能があるとされています。

そして、ニキビ治療も赤ニキビやニキビ跡であれば短期間に改善することができます。

そんなキンダベート軟膏は、ステロイドの強さの中でも4群の「穏やか」に属し、比較的作用が弱い分類に入るステロイドです。

そのため、乳児性湿疹や幼児のあせもなどにも使いやすく、顔などデリケートな部分にも使えるので、皮膚科で処方されたことがある方も多いのではないでしょうか。

副作用は?

キンダベート軟膏は、前述の通りステロイドの強さが弱く使いやすい塗り薬なので、副作用の症例も少ないのですが、毛のう炎、せつ、刺激感、ニキビなどが現れることがあります。

それから、長期の使用により、酒さ皮膚炎や口囲皮膚炎、皮膚萎縮、毛細血管拡張、発疹、蕁麻疹など重篤な症状が起こることもあるので、用法や用量は守って使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

キンダベート軟膏の使い方は?陰部や顔には使える?

キンダベート軟膏は、通常1日1~数回塗るとされていて、症状によって適宜増減されるので、医師から指示された回数を守って続け、基本的には2週間以内の使用にとどめることとされていますが、自己判断で中止したり、それ以上続けると副作用が起きるので、気をつけてください。

それから、キンダベート軟膏はステロイドの作用が弱い薬なので、顔や陰部の症状に処方されることもあります。

ですが、顔や陰部、そして顔の中でもまぶたや唇など皮膚が薄い部分はステロイドの影響を受けやすく、副作用が起きやすい部位なので、医師から指示されない限り使用は控えた方が良く、赤ちゃんや妊婦に関しても同様のことがいえるので、独自の判断で使用しないでください。

こうしたキンダベート軟膏は、市販薬として販売されていないので、必要な時は病院を受診して医師に処方してもらってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、キンダベート軟膏の強さや効能と副作用、また、陰部や顔には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

キンダベート軟膏は、ステロイドの中でも比較的作用が穏やかな軟膏薬の一つで、炎症系の湿疹に有効なので、あせもやおむつかぶれ、ニキビなどの症状を改善することができることから、乳児性湿疹など赤ちゃんの症状や、顔のニキビなどに処方されることもあるのでした。

ですが、用法や用量を守らないと、皮膚のかゆみやニキビ、皮膚萎縮などの副作用が起きることもあるので、まぶたや唇の使用、顔や陰部、妊婦や赤ちゃんへの使用に関しても、必ず医師の指示に従って使うべきとのことでした。

そんなキンダベート軟膏は、市販では販売されていないので、必要な時は医師に処方してもらい、購入して使用してくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ