リドメックスコーワ軟膏の強さと効能や副作用!赤ちゃんには?

リドメックスコーワ軟膏とは、興和株式会社が製造しているステロイド入り軟膏薬で、皮膚炎やあかぎれ、かゆみなどに効果があるとされています。

なので、リドメックスコーワ軟膏のステロイドの強さとニキビ、あせも、虫刺され、やけど、ヘルペス、アトピーへの効能や、クリームやヒルドイドソフト軟膏との違い、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、リドメックスコーワ軟膏の顔や陰部、唇やまぶたへの使用や、赤ちゃんには使えるのか、市販で販売されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、リドメックスコーワ軟膏の強さと効能や副作用、また、赤ちゃんには使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リドメックスコーワ軟膏の効能や副作用は?

リドメックスコーワ軟膏は、興和株式会社が製造販売しているステロイド入り軟膏薬で、あせもや虫刺され、あかぎれやしもやけ、やけど、アトピーなどの一般的な皮膚炎について効果的で、かゆみを鎮静化し、炎症を改善する効能を期待することができます。

そして、ニキビに対しても効果的で、特に赤ニキビの炎症やニキビ跡そのものに有効で、短期間で症状を改善することができます。

ただし、抗菌作用はないので、ヘルペスへの改善効果はなく、使用するとかえって悪化してしまうことが多いので、注意しましょう。

それから、ステロイドの強さは中間の3群「Strong(強い)」に属しているので、上記の症状に対しても効き目が強く、すぐに効いてきますが、その分副作用も多いので、用法や用量はしっかり守って使う必要があります。

また、リドメックスコーワには軟膏以外にもクリームタイプがあるのですが、軟膏の方がテクスチャーは固いもののワセリンなどが含まれていて保湿効果が高く、クリームの方がのびが良くて広範囲に塗りやすいという特徴があるので、使い分けるようにしましょう。

副作用は?

リドメックスコーワ軟膏は、強めのステロイドが含まれているものの、外用薬のため、全身の副作用が起きることはほぼなく、局所的な副作用しか起きないですが、起こりやすいものとしては皮膚の発疹、発赤、かゆみ、かぶれなどが報告されているそうです。

そして、軽度であれば数日塗り続ければほとんど治まるのですが、症状の重さによって長期間使用すると、皮膚萎縮といって、ステロイドに対する拒否反応が起きて、皮膚が薄くなったりシワがよったりといった症状が起きるそうです。

それ以外にも、まぶたなど皮膚が薄い部分に使うと緑内障や白内障といった重篤な副作用が起きる可能性もあるので、使用を避けるようにしましょう。

また、同様に、顔や陰部、唇など皮膚が薄くデリケートな部分への使用もオススメできません。

スポンサーリンク

リドメックスコーワ軟膏の使い方は?

リドメックスコーワ軟膏は1日1~数回、患部に適量を薄く塗るだけで良く、大量に塗ったり長期の使用は副作用のリスクを高めるだけなので、控えるようにしましょう。

そして、皮膚科で赤ちゃんの乳児湿疹などにもリドメックスコーワ軟膏が処方されることがありますが、ステロイドの強い薬なので、赤ちゃんに使用していいのか不安になる方も多いと思います。

そんな時は、保湿効果と血行促進効果が高く、湿疹の改善にも効果的なヒルドイド軟膏を混ぜ合わせて使うように医師から処方されるそうなので、それに従って安全に使うようにしましょう。

関連記事:ヒルドイドソフト軟膏を顔に塗る場合の効果と副作用や使い方!

それから、リドメックスコーワ軟膏は市販はされておらず、病院で医師に処方してもらって購入ができる薬なので、必要な場合は病院を受診してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、リドメックスコーワ軟膏の強さと効能や副作用、また、赤ちゃんには使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えました。

リドメックスコーワ軟膏は、ステロイドの強さが中くらいの軟膏薬で、虫刺されやあせもなどの皮膚炎全般に効き目があり、ニキビも赤ニキビやニキビ跡に効果的で、即効性があり、改善までが早いのですが、長期に使用したり大量に塗ると、皮膚萎縮などの副作用が現れる恐れがあるのでした。

そして、顔や陰部、唇などの皮膚が薄くデリケートな部分に使うのもオススメできませんし、赤ちゃんに使う場合はヒルドイド軟膏と混ぜ合わせて安全に使うのが良いので、必要な時は病院を受診し、医師に処方してもらって購入して使ってくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ