ポアラ軟膏の強さや効能と副作用や市販薬!赤ちゃんには?

ポアラ軟膏は皮膚科などで処方されるステロイド外用薬で、湿疹や蕁麻疹など皮膚の炎症を鎮めてくれる効果があると言われています。

なので、ポアラ軟膏のニキビやあせも、虫刺され、やけど、しもやけへの効能やステロイドの強さ、クリームとの違い、副作用のリスク、使用方法で顔や陰部、赤ちゃんに使っていいのかといったことについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ポアラ軟膏は市販薬で販売されているのかも気になりますよね。

そこで今回は、ポアラ軟膏の強さや効能と副作用や市販薬、また、赤ちゃんには使えるのかといったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ポアラ軟膏の効能や副作用は?

ポアラ軟膏は抗炎症作用のある合成副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)で、湿疹や蕁麻疹などの腫れ、痛み、かゆみなどを鎮静化する作用があり、あせもやニキビ、やけどといった皮膚疾患全般に幅広く対応しているので、皮膚科でも処方されることが多いそうです。

なので、子供の虫刺されやしもやけなどにもポアラ軟膏は効果的です。

そして、ステロイド剤は皮膚への吸収率によってその強さを5段階に分けているのですが、ポアラ軟膏はその中間の3番目の「Strong」に分類されるので、即効性も高く、同時に副作用のリスクもある薬です。

それから、ポアラには軟膏以外にもクリームがありますが、主成分は同じなので効果や副作用は全く同じですが、軟膏の方がワセリンが含まれていて肌保護効果が高いので、テクスチャーは固いですが乾燥が気になる方にオススメで、クリームはのびが良いので広範囲に塗りたい場合に便利でしょう。

副作用は?

ポアラ軟膏は安全に使用すれば問題なく、効き目も早くて便利な薬ですが、用法や用量を誤ると次のような副作用が生じるそうです。

・ 皮膚の赤み

・ 皮膚の萎縮・毛細血管の拡張

・ 肌の色が抜ける

・ 毛が濃くなる

・ 刺激感

・ 肌荒れ(シワ、ニキビ、乾燥など)

・ 接触性皮膚炎

・ 皮膚カンジダ症

このほかにも、緑内障や白内障などの重篤な副作用が生じることもあると言われています。

スポンサーリンク

ポアラ軟膏の使い方のポイントは?赤ちゃんに使っていい?

ポアラ軟膏は一般的なステロイド外用薬と一緒で、1日1~数回、患部に塗布すればOKで、症状によって量は適宜増減しますが、大量に塗ることはまずありません。

そして、長期の使用は前述のような副作用のリスクを高めることになるので、控えてください。

それから、顔や陰部、そしてデリケートで薄い皮膚の赤ちゃんに対しても、ポアラ軟膏の使用はオススメできないので、医師から特別に指定されることがない限り、使用しないようにしましょう。

ポアラ軟膏は市販されている?

ポアラ軟膏は取り扱いに注意が必要なステロイド外用薬のため、市販薬として薬局などで購入することはできないので、必要な時は病院を受診して医師に処方してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ポアラ軟膏の強さや効能と副作用や市販薬、また、赤ちゃんには使えるのかといったことについても詳しくお伝えしました。

ポアラ軟膏は、中間程度のステロイドの強さの外用薬で、虫刺されやあせも、ニキビなどの皮膚炎全般に効き目があり、痒みや痛みを鎮静化する作用があり、即効性も高いのですが、用法や用量を守らないと、皮膚萎縮や肌荒れなどの副作用の恐れがあるのでしたね。

そして、大量・長期の使用は避け、顔や陰部、赤ちゃんなど、皮膚が薄くデリケートな部分に使用をすると副作用のリスクを高めるだけなので、医師から特別な指示がない限り使用しないようにするのでした。

それから、ポアラ軟膏の市販薬は販売されていないので、必要な時は病院を受診して、医師に処方してもらってくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ