フルコート軟膏の強さや効能と副作用!顔や陰部には使える?

湿疹や皮膚の炎症を起こしているときに皮膚科で処方されるステロイド軟膏薬「フルコート軟膏」に、フラジオマイシン硫酸塩を加えたものがフルコートf軟膏です。

なので、フルコートf軟膏のにきびや水虫、やけどやアトピー、虫刺されへの効果や、ステロイドの強さ、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、フルコートf軟膏は顔や陰部、赤ちゃんに使用しても良いかも気になりますよね。

そこで今回は、フルコートf軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部には使えるのかといったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

フルコートf軟膏の効果や副作用は?

フルコートには、フルオシノロンアセトニドという有効成分を主成分にしたクリーム、軟膏、害用液、スプレーなどがありますが、これにさらにフラジオマイシン硫酸塩という抗生物質を加えたのがフルコートf軟膏で、田辺三菱製薬から市販で販売されています。

フルコートf軟膏は、アトピーや虫刺されなど、かゆくて放っておけない皮膚炎の炎症を鎮静化し、かゆみを抑え、掻き壊しによる悪化を防ぐことができます。

そして、やけどやにきびなどの症状も改善し、赤みや腫れを引く効果もあると言われていて、抗生物質も含まれているので化膿でぐじゅぐじゅになった状態の患部にも使うことができ、細菌の増殖を防ぎ、症状を和らげ、さらなる悪化を防ぐこともできます。

それから、外用ステロイドの効果の強さは医療品、医薬品を含めて通常5段階に分類されますが、OTC医薬品としては「ウィーク」「マイルド」「ストロング」の3段階で分類して市販されていて、フルコートf軟膏はストロングに分類されます。

なので、上記のような症状に対して効き目が早く、かき壊しなど、がまんできずに症状を悪化させることを防ぐ「ステップダウン療法」として非常に便利です。

しかし、抗菌薬ではないので、真菌が原因となる水虫などには効果が期待できません。

副作用は?

フルコートf軟膏は、外用薬のため、全身性の副作用が現れることはまずないですが、局所での副作用として、長期に使用すると皮膚が薄くなったり、血管が浮いて見えることがあります。

それから、もともと皮膚が薄い顔や陰部は薬の影響を受けやすいので、特に注意し、できれば使用しないようにしましょう。

また、赤ちゃんに関しても使用することの影響について未確立なので、使用は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

フルコートf軟膏の使い方は?

フルコートf軟膏は、1日1~数回、患部に適量をのせ、軽くしみこませますが、強くすりこませるのは刺激になることがあるので、そっとのせるだけにしましょう。

ちなみに、適量はフィンガーチップ(指先)程度と言われているので、大量に消費しないようにし、連続使用は1週間までにしましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、フルコートf軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部には使えるのかといったことについても詳しくお伝えしました。

フルコートf軟膏は、ステロイドに抗生物質が加わった軟膏タイプのOTC市販薬で、にきびやあせもなどの皮膚炎を改善することができ、化膿しているやけどなどにも使うことができるのですが、抗菌薬ではないので水虫には効き目がないのでした。

そして、用法や用量を守らないと皮膚萎縮などの副作用が生じる可能性があるので、正しい使い方を守って、顔や陰部、赤ちゃんへの使用は控えるようにして安全な範囲で使ってくださいね!

【Amazon.co.jp アソシエイト】


スポンサーリンク

このページの先頭へ